『築地――鮭屋の小僧が見たこと聞いたこと』 佐藤友美子著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 師走の築地見物をきっかけに鮭屋で働くことになった元フリーライター、通称しゃけこさんが、築地で過ごした30年間を振り返る。職人や商人たちが行き交う築地の風物や人情を活写するとともに、魚で感じる四季の移ろい、市場の歴史などを紹介する。(いそっぷ社、1600円)

無断転載禁止
41486 0 短評 2018/09/24 05:25:00 2018/09/24 05:25:00 2018/09/24 05:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180918-OYT8I50038-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ