『こんこん狐に誘われて 田村隆一さんのこと』橋口幸子著

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 戦後を代表する詩人の一人、田村隆一がある日、わが家の大家さんになった――。特異な体験をした著者が、詩人の素顔を描き出したエッセー。詩人と酒、断酒をめぐる不思議な関係、女性とのつき合い方。鎌倉の家を舞台に、静かな文章が心にしみる。 (左右社、1700円)

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
1775290 0 短評 2021/01/17 05:00:00 2021/01/25 12:05:23 2021/01/25 12:05:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210122-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)