評・中村計(ライター)

『強父論』 阿川佐和子著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

『強父論』阿川佐和子著
『強父論』阿川佐和子著

 理不尽な理由で何度となく激高され、女というだけでバカだとさげすまれる等々。作家・阿川弘之の娘による「お父ちゃん」の回想記。

 時代錯誤も甚だしい父親だが、娘は娘で父のエピソードをおもしろおかしく書籍化するしたたかさを持つ。理想の親子像とは程遠いのだが、そんな関係性にどこかほっこりさせられる。(文春文庫、650円)

無断転載禁止
177197 0 文庫 2019/01/29 05:25:00 2019/01/29 05:25:00 2019/01/29 05:25:00 『強父論』阿川佐和子著 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190121-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ