『しっぽの声』〈1〉 夏緑・原作、ちくやまきよし・作画

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人間にとって時に家族以上の存在になるペットたち。しかしペットブームの陰では、動物虐待や違法ビジネスが後を絶たない。動物好きほど見たくない現実を、動物病院の獣医師とアニマルシェルター所長の2人を通じて描く社会派ドラマ。例えば街中から野良猫が減らないのは、人間の無責任な哀れみにも原因があるという。動物をかわいがるとはどういうことか、ペットと築く健全な社会とは何かを問題提起する好編。(小学館、552円)

14290 0 コミック 2018/04/05 05:20:00 2018/04/05 05:20:00 2018/04/05 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180327-OYT8I50005-1.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ