『ドロ刑』〈1〉 福田秀著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「ドロ刑」
「ドロ刑」

 警視庁捜査三課の刑事は、いわゆる泥棒を捕まえるプロ、通称「ドロ刑」。熱血漢のドロ刑・斑目まだらめと、ひょうひょうとしてスマートな泥棒・煙鴉けむりがらす。「ドロボウを理解する事こそがドロ刑の本質」と教えるなど、煙鴉がなぜ手を貸すのかは謎だが、窃盗犯の心理を読み解き、立場も性格も正反対の2人が鮮やかに事件を解決するさまは爽快。泥棒が狙うポイントは防犯対策にもなりそう。(集英社、514円)

24005 0 コミック 2018/06/07 05:25:00 2018/06/07 05:25:00 2018/06/07 05:25:00 「ドロ刑」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180528-OYT8I50077-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ