『武器になる思想』 小林正弥著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ポピュリズムに覆われ、知の退行が憂慮される現代。右翼、左翼、リベラル、保守主義、進歩主義等々、政治思想の中身と現実との関わりについて、アメリカの政治哲学者マイケル・サンデルの対話型講義に範をとり、私たちの位置を主体的に把握する試み。

 無力感にとらわれず、思想を武器にするための1冊。(光文社新書、880円)

無断転載禁止
60524 0 新書 2019/01/22 05:20:00 2019/01/30 13:40:22 2019/01/30 13:40:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190117-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ