ハゲヅラにお歯黒もウェルカム、ほぼ「NGなし!」の小芝風花…「バッタを食べるのは無理」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

今年でデビュー10周年。多彩な表情で「次世代のコメディエンヌ」と言われる俳優・小芝風花さん(東京都港区で)=黒瀬祐生撮影
今年でデビュー10周年。多彩な表情で「次世代のコメディエンヌ」と言われる俳優・小芝風花さん(東京都港区で)=黒瀬祐生撮影

 上手な役者さんって、どうやって演技を“練習”しているんだろう――。ずっと気になっていた質問をするのに、この人が最適に違いない。今年デビュー10周年を迎え、輝きをぐんぐん増している俳優・小芝風花さん(25)。「NG」のことや恋愛論の一端も、併せて明かしてくれた。(読売中高生新聞)

草間彌生さん「一緒にたたかっていこうね」…中高生へのメッセージ

 ――最近の小芝さんの作品を見て、「くるくる変わる表情がどれも魅力的」という感想を抱く人が多いようです。喜怒哀楽の表現はもちろん、困ったり、驚いたり、頑張ったり、ボケたり、ツッコんだり。自由自在な表現力が魅力です。

 「うわー、うれしい! いや~ありがとうございます」

 ――そこで、演技中に思い通りの表情を出す 秘訣(ひけつ) を教えてほしいです。何か練習していますか?「鏡を見ながら毎日1時間、こんなことやってます」といったことが、もしあれば。

小芝風花さんはインタビュー中も笑顔をたやさず、身ぶり手ぶりをまじえて答えてくれた=黒瀬祐生撮影
小芝風花さんはインタビュー中も笑顔をたやさず、身ぶり手ぶりをまじえて答えてくれた=黒瀬祐生撮影

 「え!? あはははは(笑)。鏡を見て練習……というわけじゃないんですけど、“妄想”というか、『こういうシチュエーションなら、どういう感情や表情になるかな』と、ふとした時によく思い浮かべています。

 それと、例えば、母に怒られて大泣きしている時に、ふと、『こういう感情がわき上がってきて涙が出るんだ』と“観察”してしまったり、『今どんな顔してるんだろう』とパッと鏡を見ちゃったり。鏡を見て、『怒られた演技の時に使えるかも』と思ってしまいます。

 本当に、ふと、なんですけど。これ、ちょっと言うの恥ずかしいですね(笑)」

 ――イメージトレーニングと、自らの感情と表情の観察。中学・高校の演劇部の読者もいるので、すごくためになると思います。

 「なるほど。他には、人のお芝居を見て、すごくすてきな表情だなと思うと、それを自分の“引き出し”、頭の中のレパートリーに入れさせてもらうこともあります」

 ――鏡を見て自主トレ……というのは、なしと。

 「漫画が原作のドラマで、『この表情をしたい』という時に鏡をじっくり見て練習したことはありました。

 その時、自分の眉毛、右はよく動くけど左は動かないな……とかいろいろ発見があって、自分の体、顔の動きの限界を感じて、もっと練習したいなと思いました」

 ――漫画が原作のドラマというのは、「トクサツガガガ」(NHK、2019年1~3月)ですか?

 「そうです!『この表情が特徴的だな』『この場面は大事だな』と思ったシーンで練習しました。

 それまでは特撮番組を見たことがなかったんですけど、『トクサツガガガ』の撮影を通じて私も好きになって。大人も楽しめるんだなって」

これだけはダメ、もってのほか

 ――そのドラマが、原作ファンからも人気だった理由がよくわかりました。このたび映画になった「妖怪シェアハウス」シリーズでは、白目になって妖怪たちとテレパシーを送り合い、さらに、びっくりしたのが、いわゆる「ハゲヅラ」をかぶった(ドラマ第2期・1話の)シーンです。

1

2

3

最新のニュースがわかりやすく、キャリア教育・エンタメ・学習の情報も充実の読売中高生新聞は、毎週金曜発行です。ご購読のお申し込みは、こちらから!
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3089637 0 映画 2022/06/17 10:00:00 2022/06/17 11:26:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220614-OYT1I50071-T-e1655432648545.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)