読売新聞オンライン

メニュー

コロナ感染の団長安田、肺炎になったことを報告「まさか自分が…」

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

団長安田
団長安田

 新型コロナウイルスに感染したお笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田が21日までに自身のツイッターを更新し、肺炎になったことを報告した。

 団長は20日夜に「コロナウイルス感染して10日数日高熱 平熱を繰り返して 扁桃腺腫れたりもあったんですが数日前から咳が止まらなくなりレントゲン撮ったら肺炎になってました」とツイート。「入院して1日でも早く復帰したいです!!」とし「まさか自分がこんなに長引くとは思って無かったです」と率直な心境を吐露した。

 団長は9日に1回目の新型コロナワクチンを接種したが、テレビ番組のロケを控えて13日にPCR検査キットで検査をしたところ「高リスク」に。14日に発熱外来を受診してPCR検査を受けた結果、陽性と診断された。ワクチン接種翌日の10日のツイッターでは「打って2日目仕事でローラー全力でやったらフラフラしてきました!」などと発熱したことを明かしていた。

無断転載・複製を禁じます
2223470 1 エンタメ報知 2021/07/21 09:51:59 2021/07/21 09:51:59 2021/07/21 09:51:59 団長安田 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-064-OHT1I91026-L.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)