読売新聞オンライン

メニュー

将棋王位戦第3局2日目の“勝負メシ”は藤井王位、豊島竜王とも「うどん膳」

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

兵庫県神戸市で指された第62期王位戦第3局2日目の昼食に出された、藤井聡太王位の「冷やしうどん膳」(左)と豊島将之竜王の「神戸牛肉うどん膳」(写真提供・日本将棋連盟)
兵庫県神戸市で指された第62期王位戦第3局2日目の昼食に出された、藤井聡太王位の「冷やしうどん膳」(左)と豊島将之竜王の「神戸牛肉うどん膳」(写真提供・日本将棋連盟)

 兵庫県神戸市の有馬温泉「中の坊瑞苑」で行われている将棋・第62期王位戦七番勝負第3局の2日目は22日午後12時30分、昼食休憩に入った。

 1日目(21日)の挑戦者・豊島将之竜王=叡王=の66手目から指し継がれ、76手まで進行した。形勢は互いに大きく揺れたが、藤井聡太王位=棋聖=がやや優勢に。19歳の天才の“勝負メシ”は「冷やしうどん膳」。豊島竜王は「神戸牛肉うどん膳」を選んだが、天ぷらはなしにした。

 なお、午前のおやつは藤井王位がアイスコーヒー、豊島竜王がフルーツ盛り合わせだった。対局は午後1時30分に再開される。

無断転載・複製を禁じます
2226953 1 エンタメ報知 2021/07/22 13:09:58 2021/07/22 13:09:58 2021/07/22 13:09:58 兵庫県神戸市で指された第62期王位戦第3局2日目の昼食に出された、藤井聡太王位の「冷やしうどん膳」(左)と豊島将之竜王の「神戸牛肉うどん膳」(写真提供・日本将棋連盟) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-064-OHT1I91068-L.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)