読売新聞オンライン

メニュー

藤井聡太王位が豊島将之竜王に初の連勝 19歳初陣飾って2勝1敗に

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

王位戦七番勝負第3局2日目に臨んだ藤井聡太王位
王位戦七番勝負第3局2日目に臨んだ藤井聡太王位

 将棋の第62期王位戦七番勝負第3局が22日、兵庫県神戸市の「中の坊瑞苑」で前日から指し継がれ、藤井聡太王位=棋聖=が、後手の挑戦者・豊島将之竜王=叡王=に勝ち、シリーズを2勝1敗とした。

 過去2勝7敗と苦手にしていた豊島竜王に、第2局(今月13、14日)に続いて初めて連勝した。藤井王位は19日に19歳になったばかり。10代最後の誕生日を自らの勝利で祝った。

 21日の1日目、やや優位だった豊島竜王が封じた66手目は△5四銀打。この日午前は形勢は揺れ動いたが、藤井王位が波をつかみ、的確な指し回しで勝ち切った。

 中2日の25日には豊島叡王に挑む叡王戦五番勝負の第1局(東京「江戸総鎮守 神田明神」)が控えている。

無断転載・複製を禁じます
2227411 1 エンタメ報知 2021/07/22 19:10:49 2021/07/22 19:10:57 2021/07/22 19:10:57 王位戦七番勝負第3局2日目に臨んだ藤井聡太王位 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-064-OHT1I91130-L.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)