読売新聞オンライン

メニュー

氣志團万博中止、綾小路翔「開催に向け全力で駆けずり回った」「けれど、力及ばずだった」無念を吐露

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

綾小路翔
綾小路翔

 9月中旬に予定していたロックバンド「氣志團」主催の音楽フェスティバル「氣志團万博2021」(千葉県内)が、開催を中止することを22日、公式サイトで発表した。

 総責任者の綾小路翔は「この度、氣志團万博2021の中止を決断致しました。今、言葉にしたら、文字にしたら、急に膝が震え出した。応援してくれたみんな、本当にすまねー。俺ら、開催に向けて全力で駆けずり回った。死ぬ気で、って堂々と言える程に。けれど、力及ばずだったよ」と無念の思いをつづった。

 毎年、地元の千葉・木更津の野外会場で行っていたが、昨年はコロナ禍でオンライン開催。今年に懸ける思いは強かった。

 中止の決断を下した理由に「どうしてもやりたかったんだ。どんなことがあっても諦めるつもりはなかった。音楽は絶対に不要不急なんかじゃないから。だけど、一進一退、二転三転、七転八倒を繰り返す中で、ついに気づいてしまった。“今できることの限界までやり切ったとしても、それは『氣志團万博』の形を成していない”という事実に。それが一番の理由です」と説明。「房総の屋外でGIGをやれば、氣志團万博なわけじゃない。一見、承認欲求強めのアホみたいなタイトルのフェスだけど、そこにだけはこだわりと誇りを持ってやって来た自負がある。これまで“悩んだら進む”を信条に生きて来たけれど、これは悩むべきところではないと判断できました」とつづった。

 綾小路は「これが終わりじゃない。音楽を止めるつもりなんて毛頭ない。続いて行くために、繋いで行くために選んだ道です。意義ある撤退であったことを証明するために、この瞬間から来年に向かって動き出します」と、すでに前を向く。

 「そんかわりに来年。出演者のみんな。来場者のみんな。開催地である俺らの故郷のみんな。誰もが幸せになれる氣志團万博を開催してみせるから」と約束。「コロナ禍において、勝利者はいたとしても敗者なんて絶対にいない。俺たちの名は氣志團。世界一、頭と往生際の悪いロックバンド。人呼んで、房総リベンジャーズ。諦めるなんて死ぬまでないから。2022年。澄んだ青空が秋を感じさせる頃。我らが織りなす史上最強の大逆転劇、どうかご期待下さい」とつづった。

無断転載・複製を禁じます
2227536 1 エンタメ報知 2021/07/22 20:25:15 2021/07/22 20:25:22 2021/07/22 20:25:22 綾小路翔 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-064-OHT1I91183-L.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)