藤井七段、鋭く反撃して2回戦進出…竜王戦

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

都成竜馬五段に勝利し、対局を振り返る藤井聡太七段(25日午後10時33分、大阪市福島区で)=前田尚紀撮影
都成竜馬五段に勝利し、対局を振り返る藤井聡太七段(25日午後10時33分、大阪市福島区で)=前田尚紀撮影

 将棋の第31期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)の本戦(決勝トーナメント)開幕戦となる1回戦が25日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われ、藤井聡太七段(15)が都成竜馬五段(28)を104手で破り、2回戦進出を決めた。

 藤井七段は2年連続の本戦出場。昨年は1回戦を勝って公式戦29連勝の新記録を達成したが、2回戦で敗れた。この日の対局は相居飛車の力戦となり、均衡のとれた展開が続いていたが、終盤、先手の都成五段の攻めに藤井七段が鋭く反撃して勝ちきった。

 藤井七段は29日に東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われる竜王戦本戦2回戦で増田康宏六段(20)と対戦。今後、4連勝すれば、羽生善治竜王(47)への挑戦者を決める三番勝負に進出できる。

27554 0 竜王戦 2018/06/25 23:02:00 2019/01/16 11:37:35 2019/01/16 11:37:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180627-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ