文字サイズ

    藤井 最年少「七段」 

    15歳9か月 61年ぶり更新

    • 船江恒平六段に勝利し、笑顔を見せる藤井聡太・新七段(18日午後9時18分、大阪市福島区で)=近藤誠撮影
      船江恒平六段に勝利し、笑顔を見せる藤井聡太・新七段(18日午後9時18分、大阪市福島区で)=近藤誠撮影

     将棋の藤井聡太六段(15)は18日、大阪市の関西将棋会館で行われた第31期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)のランキング戦5組準決勝で船江恒平六段(31)を72手で破り、史上最年少・15歳9か月での七段昇段を決めた。これまで加藤一二三(ひふみ)九段(78)が持っていた七段昇段の最年少記録(17歳3か月)を61年ぶりに更新した。

     約70人の報道陣が見守った対局は、互いの角を交換する「角換わり」の戦型になり、先手後手とも玉の位置を動かさない「居玉」のままでの力戦になった。船江六段の攻めを巧みに受けきった藤井六段は、終盤、的確に寄せきった。

     この勝利で竜王戦ランキング戦での2期連続昇級を確定させた藤井六段は、日本将棋連盟の規定により七段に昇段した。6月5日、関西将棋会館で行われる5組決勝で石田直裕五段(29)と竜王戦本戦出場をかけて対局する藤井・新七段は「ここまで早いペースで昇段できるとは思っていなかった。今は喜びにひたるより、5組決勝に向けて気を引き締めたい」と話した。

    2018年05月19日 12時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ