読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

広瀬香美さん、出身の那智勝浦ふるさと大使第1号に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「那智勝浦ふるさと大使」の第1号となった広瀬香美さん(那智勝浦町提供)
「那智勝浦ふるさと大使」の第1号となった広瀬香美さん(那智勝浦町提供)

 和歌山県那智勝浦町は、広く町の魅力を発信する「那智勝浦ふるさと大使」に、同町出身の歌手広瀬香美さんが就任すると発表した。町は昨年12月に大使の制度を作ったばかりで、広瀬さんが第1号となる。

 広瀬さんは幼少期から音楽の英才教育を受け、1992年にデビューした。「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」など、冬を題材にした楽曲が大ヒット。近年はコンサートの傍ら、動画投稿サイト「ユーチューブ」でも積極的に活動している。

 町によると、昨年10月、県が移住促進に向けて開いたオンラインセミナーに広瀬さんがゲスト出演したのがきっかけとなり、その後、町が広瀬さん側に大使就任を要請したという。近く、大使の名刺とともに委嘱状を送る。

 広瀬さんは「那智勝浦町は私の生まれ故郷。温泉や熊野古道、世界遺産である紀伊山地の霊場と参詣道など、たくさんの歴史と豊かな自然に恵まれた土地です。そして、おいしい生マグロや紀州梅も私の大好物! 魅力あふれる那智勝浦町を、世界中に広めていきたいと思っております」とコメントしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2211517 0 音楽 2021/07/16 11:43:00 2021/07/16 12:36:02 2021/07/16 12:36:02 「那智勝浦ふるさと大使」の第1号となった広瀬香美さん(那智勝浦町提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210713-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)