読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ロック・イン」中止、県医師会に抗議2279件…「五輪中止は要請しないのか」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 野外音楽祭「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」の中止を巡り、茨城県医師会に抗議が殺到している。決定から1週間足らずの13日午後5時現在で、2279件に上る。鈴木邦彦会長は14日の記者会見で、主催者側から相談がなかったと明らかにし、「県医師会も主催者側との連携が必要だった」と陳謝した。

 主催者側は6月1日、8月開催を発表した。同会などは7月2日、新型コロナの感染拡大などを懸念し、中止の検討などを要請。主催者側は7日、ホームページで中止を明らかにした。

 「なぜ(開催1か月前の)この時期に要請書を出すのか」「東京五輪の中止は要請しないのか」。同会には7日以降、1628件の電話と651件のメールが寄せられたという。

 鈴木会長は「我々に中止を決める権限はない。困惑している」と述べる一方、野外イベントで熱中症患者が増え、コロナ患者との見極めが困難になることを懸念したと説明。通常診療とコロナ対応で医療機関の負荷が増す恐れがあり、会場外での参加者の感染対策も難しいとして、要請への理解を求めた。

 同会は6月18日、開催予定を把握した。鈴木会長は「一連の作業」で要請が7月2日になったと釈明し、「もう少し早く、主催者側と話し合いができていれば」と悔やんだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2211450 0 音楽 2021/07/16 11:30:00 2021/07/16 13:13:30 2021/07/16 13:13:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)