読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

厳戒スーパーソニック、「密フェス」の教訓…アーティストも「声出さないで」呼びかけ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 緊急事態宣言が発令されている千葉市で18日、大規模音楽フェス「スーパーソニック」が開幕した。主催者が感染防止策の徹底を呼びかけ、市職員らが会場を見回る「厳戒態勢」の中、観客は静かにコロナ禍の祭典を楽しんでいた。

 台風14号の影響で雨が降りしきる中、会場のZOZOマリンスタジアム(美浜区)周辺では早朝から、音楽ファンが開場待ちの列を作った。「距離を取って並んでください」「必要以上の会話は控えてください」。スタッフが拡声機で繰り返し呼びかけた。

 船橋市の女子大学生(19)は張り詰めた雰囲気に不安を感じ取りながらも、「大学の授業も全部オンライン。この日を楽しみに頑張ってきた」と話し、「好きなアーティストに迷惑をかけないよう静かに楽しみます」と会場に入っていった。

間隔を空けて入場を待つ人たち(18日、千葉市美浜区で)=橘薫撮影
間隔を空けて入場を待つ人たち(18日、千葉市美浜区で)=橘薫撮影

 音楽フェスを巡っては先月、愛知県常滑市で40人を超す感染者を出し、「密フェス」と批判が集まった。事態を重く見た千葉市はスーパーソニックの延期を求めたが、主催者は「海外アーティストの日程をずらせない」と応じなかった。市は後援を取り消し、この日、会場や周辺に職員4人を派遣して「密」状態になっていないか見回った。

 主催者は感染対策を徹底し、開催に踏み切った。アリーナ席ではイスを1席ずつ前後交互に固定して並べ、隣の人と1席分の間隔を空けるよう工夫した。観客によると、布マスクを着けていた人は入り口で不織布マスクへの交換を求められ、ライブ中もスタッフが常時、座席などを消毒して回る徹底ぶりだったという。

 愛知のフェスを意識してか、出演アーティストが観客に感染対策の重要性を訴える場面もあった。「感染防止をし、声を出さないようにして、俺たちがカルチャーの火をつないだんだという自信を胸に帰ってください」と呼びかけた。

 市によると、正午時点の入場者は約2500人だったという。東京都世田谷区の自営業男性(59)は「宣言下での参加は不安もあったが、対策が徹底されていた」と感心した様子。横浜市の会社員男性(51)も、「安心して楽しめた。例年に比べると観客が少なくさみしさも感じたが、久々にフェスならではのお祭り感を味わうことができた」と語った。

 終演後は市職員が会場と最寄りのJR海浜幕張駅の間を車で巡回し、スピーカーで直帰を促した。スーパーソニックは19日も行われる。市の担当者は「一人一人が守るべきことを守ってほしい」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2379177 0 音楽 2021/09/19 18:03:00 2021/09/19 18:03:00 2021/09/19 18:03:00 野外フェス「スーパーソニック」の会場前に並んだ大勢の人たち(18日午前10時10分、千葉市で)=橘薫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210919-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)