読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「好きだなんて言えなかった…」野口五郎、岩崎宏美のホントの関係

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 歌謡界を代表する歌手、野口五郎と岩崎宏美。ともに、昨年亡くなった作曲家、筒美京平の作品を数多く歌い、名作ミュージカル「レ・ミゼラブル」の日本初演(1987年)も経験した。そんな2人が初めて出したデュエット曲が「好きだなんて言えなかった」。現実の関係は? 好きだった? それとも嫌いだった? 対談で、互いにはき出した2人の本音とは――。(文化部 清川仁)

息ピッタリにポーズを決める岩崎宏美(左)と野口五郎=米田泰久撮影
息ピッタリにポーズを決める岩崎宏美(左)と野口五郎=米田泰久撮影

最悪の出会い「女の子が足を組むもんじゃない」

岩崎  五郎さんに初めて声をかけられたのが、新人の年、歌番組の音合わせで座っていた時。「女の子が足なんて組むもんじゃないよ」って。4年後輩の私がデビューした時、五郎さんは大スター。気難しい人だな、とずっと思ってきた。

野口  先輩として偉そうに言ったわけじゃなかったんだよ。歌がうまくて、京平先生の強い思い入れが分かる曲を歌っていたから、「ああ、この子なんだなあ」と思って、何となく声かけたつもりが……。そういう言葉になっちゃった。

岩崎  後に、「他の新人の子にも、そういうこと言ったんですか」と聞いたら、「言ったことない」って。

野口  だって、足を組んでいる人は君しかいなかったから!

岩崎  あははは! その後は「レ・ミゼラブル」。出演者は小さい頃からミュージカルを目指してきた人が多いから、私は後ろめたい気持ちがあったし、不安だった。マネジャーも、お稽古場には入れないしね。五郎さんも1人で頑張っているんだな、と思えることが支えだった。

買ったばかりのベンツに「ゴロリンの車、私と同じ色!」

「どんなポーズがいいかな」「五郎さん、エアギターやってよ」「じゃあ、エアベース」。撮影時も冗談が止まらない2人=米田泰久撮影
「どんなポーズがいいかな」「五郎さん、エアギターやってよ」「じゃあ、エアベース」。撮影時も冗談が止まらない2人=米田泰久撮影

野口  それは僕も同じ。でも、それぞれ1人で車で通っていて、駐車場で会った時は失礼だったよね。「あ、ゴロリンの車、私と同じ色!」って。買ったばかりのベンツにだよ。「オレの車はシルバーっていうんだよ。お前のはねずみ色だよ」って言ってやった。

岩崎  あはははは。でも、「レ・ミゼラブル」は素晴らしい作品だよね。

野口  しかも、初演。原作の時代状況に合わせて、お風呂に入るなって言われていた。

岩崎  私が演じたファンテーヌは、髪がちょっとしか見えないようなカツラをかぶっていた。

野口  洋服もツギハギだらけのボロボロだった。

岩崎  去年、BSの番組で共演。共演したのは、すごい久しぶりじゃない?

野口  京平先生の知らせ(訃報)が入ったころだったもんね。このご縁も、京平先生かなって思っちゃう。それまで会うことが本当になかったから。

岩崎  私が五郎さんと歌うことをNGにしていると思ってたんでしょ。

野口  あまりにも一緒にならないから。

岩崎  共演したいと思ったこと、なかったんじゃない?

野口  ありましたよ。宏美ちゃんは団塊の世代の歌手にかわいがられていたから、力不足だと思ったんですよ! こんな若造じゃ。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2550688 0 音楽 2021/11/27 07:03:00 2021/11/27 18:48:56 2021/11/27 18:48:56 息ピッタリにポーズを決める岩崎(左)と野口=米田泰久撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50077-T-e1638006531134.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)