ロック・イン・ジャパン、今夏から千葉で…参加者「密集」回避可能に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県ひたちなか市で開催されてきた日本最大級の野外音楽フェス「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」の会場が、今年夏から千葉市に変更されることになった。企画制作するロッキング・オン・ジャパンが5日、発表した。千葉市の会場の方が観客の密集を回避しやすく、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行えるためという。

「屋外・会話なし」マスク不要、政府見解きょうにも発表…電車・バスでは着用 

 同フェスは2000年から19年まで毎夏、ひたちなか市で開催されてきた。19年は、5日間で約33万7000人を動員した。だが、コロナ禍のため20年は中止。21年は収容人数を例年の半分以下にするなどの感染対策を行った上で開催するとしたが、地元医師会などからの要請を受け、開催を取りやめていた。ロッキング・オン・ジャパンは開催に向けて検討を重ね、両市などの理解を得た上で、会場変更を決めたという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2650639 0 音楽 2022/01/05 15:35:00 2022/01/05 23:54:40 2022/01/05 23:54:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)