曲に罪はないはずだが…チャイコフスキー大序曲「1812年」演奏中止相次ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシア人作曲家チャイコフスキー(1840~93年)の大序曲「1812年」の演奏を取りやめる動きが国内で相次いでいる。ナポレオン率いるフランス軍による1812年のロシア遠征で、露軍が仏軍を撃退する様子を表現し、日本でも親しまれているが、露軍がウクライナへの侵攻を続ける現在の状況で、演奏するのはふさわしくないとの判断があるようだ。(林華代、井上勇人)

ピアノで「歌う」フランスの新星…極意は「音が消える瞬間まで耳を澄ませること」
チャイコフスキー=AP
チャイコフスキー=AP

 「1812年」には、ロシアで親しまれる聖歌や民謡が引用され、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の旋律も登場する。仏国歌の旋律が徐々に消え、帝政ロシアの国歌へと変わっていく流れで、露軍の勝利を表している。大砲に見立てて打楽器を打ち鳴らし、フィナーレでは勝利の鐘が響く。日本でも人気の曲で、屋外の演奏では本物の大砲が使われることもある。

 明石フィルハーモニー管弦楽団(兵庫県明石市)は、21日の演奏会の最後にこの曲を予定していたが、急きょ外した。担当者は「ロシアが他国の侵攻に打ち勝ったという意味を持つ曲の演奏は、好ましくないと判断した」と説明する。

 東京都立白鴎高・付属中(台東区)の吹奏楽部でも顧問と生徒らが話し合い、来月4日に開催予定の定期演奏会での演奏を取りやめた。生徒からは、現地の状況を心配する声が上がり、「曲に罪はない」という意見もあったという。宮田明子校長は「これまで一生懸命練習してきた生徒たちが話し合って決めたこと。尊重したい」と語る。

 中部フィルハーモニー交響楽団(愛知県小牧市)は26日の演奏会で演奏を取りやめ、代わりにフィンランドの作曲家シベリウスの交響詩「フィンランディア」を披露する。

 「フィンランディア」はロシアの圧政に抵抗する人々への思いを込めて作られた曲で、今月1日にフィンランドの首都ヘルシンキの露大使館前であった抗議集会では、数百人の市民らがウクライナへの連帯を示そうと歌い上げた。中部フィルの担当者は「ウクライナを応援する意味で選んだ」と語る。ただ、「チャイコフスキーの音楽を否定することはない」として、バレエ音楽「くるみ割り人形」を演目に追加するという。

 音楽評論家の石田一志さんは「本来、芸術は政治に左右されるべきではない。ただ、露軍の侵攻が世界に衝撃を与える中で大序曲を演奏するのはあまりにも生々しく、演目から外す動きも致し方ない」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2837455 0 音楽 2022/03/15 12:54:00 2022/03/15 17:02:31 2022/03/15 17:02:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220315-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)