「カムカム」の戦前型マイクも…「明治・大正・昭和 レコードと暮らし」展が開幕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「明治・大正・昭和 レコードと暮らし」展(読売新聞東京本社、「ぐらもくらぶ」共催)が10日、東京・大手町の読売新聞ビル3階ギャラリーで始まった=写真=。

SP盤でたどる近代日本の歩み~「明治・大正・昭和 レコードと暮らし」展に行こう!
読売新聞ビル3階ギャラリーで開幕した「明治・大正・昭和 レコードと暮らし」展。様々なSPレコードや蓄音機などが展示されている
読売新聞ビル3階ギャラリーで開幕した「明治・大正・昭和 レコードと暮らし」展。様々なSPレコードや蓄音機などが展示されている

 戦前のSPレコードのほか、蓄音機やNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で使用された戦前型マイクなどが展示されている。レコードは歌手以外にも、渋沢栄一、東郷平八郎らの肉声を収めたものも。熱心に見入っていた東京都板橋区の男性(64)は「機械が未発達な時代の人々の工夫が想像でき、楽しかった」と話していた。

 入場無料。7月29日までの午前10時~午後7時(土日祝日休み)。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3073280 0 音楽 2022/06/10 19:52:00 2022/06/10 19:52:00 2022/06/10 19:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220610-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)