「さん喬・権太楼」セットの底知れぬ「落語力」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「よみらくご」総合アドバイザー、演芸評論家の長井好弘さんが、演芸愛いっぱいのコラムをお届けします。

落語・講談・浪曲・諸芸――長井好弘’s eye

落語会「よみらくご」のスタートに意欲を燃やすさん喬(右)と権太楼(左)。記念すべき第1回(2015年1月31日)ではさん喬が「妾馬」を、権太楼が「居残り佐平次」を、それぞれ昼夜のトリで熱演した。(2014年12月4日撮影)
落語会「よみらくご」のスタートに意欲を燃やすさん喬(右)と権太楼(左)。記念すべき第1回(2015年1月31日)ではさん喬が「妾馬」を、権太楼が「居残り佐平次」を、それぞれ昼夜のトリで熱演した。(2014年12月4日撮影)

 柳家さん喬と柳家権太楼。落語界の両雄を、僕ら観客は、いつのころからか、「二人セット」で考えるようになった。

両者が出演する会があれば、観客は「さん喬の『柳田格之進』と、権太楼の『居残り佐平次』はどちらが良かったか」などと、必ず演目とその出来具合を比較する。

 演芸情報誌「東京かわら版」で、さん喬が出演する落語会を探す読者は、例外なく権太楼が出る落語会にもチェックを入れているはずだ。

 1980年代後半に池袋演芸場で始まり、新宿末広亭の余一会(よいちかい)(注1)へと引き継がれて、現在も末広亭の年末興行で大当たりを取っている「さん喬権太楼二人会」が、「二人セット」の始まりだった。

 二人の共通点は多い。「団塊の世代」を代表する落語家で、どちらも「五代目柳家小さん門下にこの人あり」と言われ、寄席やホール落語会に欠かせぬ存在となり、相次いで芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章に輝く――。

 あらためて見ると、ものすごい共通点ばかりだが、相違点の方は「すごい」の他に「面白い」がついてくる。

 優しく繊細、やや演劇的な人情(ばなし)で観客をうっとりさせるさん喬。これに対し、権太楼は、独自のくすぐり(ギャグ)と愛嬌(あいきょう)たっぷりのしぐさ、そして「観客の胸ぐらつかんでも笑わせる」というエネルギッシュな爆笑落語で圧倒する。

 人情ものの名手と、爆笑落語の申し子。まるでタイプの違う二人なのに、意外にも共通の持ちネタが多い。ところが、「幾代餅(いくよもち)」「井戸の茶碗」などの共通ネタを聴くと、「これが同じ噺か?」と首をかしげるほど印象が違うのである。

 さん喬十八番の「井戸の茶碗」は、善人ばかりの登場人物が意地の張り合いをするが、やがてお互いの思いの強さ、深さに打たれ、強い絆が生まれるという人情物語だ。これに対して権太楼版は、意地の張り合いがほどよく誇張され、元気いっぱいのコメディーになっている。

 9月5日の「ザ・柳家権太楼」の高座で、権太楼は「毎年4席やってきたが、もうできません」と言いつつ、「これからも、落語を諦めることはない。笑える落語、ウケる落語を目指す」と73歳の「了見」を客席に訴えた。

 こんな権太楼を見たら、さん喬にも会いたくなる。同月8、9、10日、東京・水天宮の日本橋劇場で開かれた「さん喬ひとりきり三夜」へ足が向いた。

さらに練り上げた「塩原多助」に期待

 同会の呼び物は、三遊亭円朝作の長編「塩原多助一代記」(注2)の通し口演だ。「一度に4席」と格闘する権太楼と同じ時期に、「3日で『塩原』の通し」に挑戦するさん喬。功成り名遂げた重鎮が、古希を過ぎてなお、過酷な企画に挑むのはなぜか。「そこに落語があるからだ」というのは答えにならないが、二人を見ていると、彼らの思いはそこにしかないのだという気がしてくる。

 3日間、「塩原多助一代記」だけをやるのかと思ったら、会の前半は、普通の落語を数席演じ、さらに後半、「塩原」を1時間前後、連続で口演するのだった。2日目は、昼間、埼玉県和光市の独演会で3席やって、その足で「三夜」に駆けつけ、「妾馬(めかうま)」を1時間、「塩原」を55分演じた。「落語力」という言葉があるとしたら、さん喬の「落語力」は衰えるどころか、いまだ急カーブを描いて上昇中である。

 注目の「塩原」はどうだったのか。2夜目の開演前に少しだけさん喬と話した。

 「今春の会でやろうと力を入れた途端、コロナで秋に延期になった。一度しぼんだ気持ちを立て直すのに苦労しました」

 今回は、高座に釈台(講釈用の見台)を置き、その上に台本を広げていた。覚えていないのではなく、まだ全体が固まっていないので、確認用に台本を置いているという感じだった。口演自体も、個々の場面は粒立っているが、全体を通すと、多彩な登場人物の出し入れや、筋のつなぎ方に不自然な部分が残っていたように思う。

 「『塩原多助一代記』は、てごわい噺です……。どっこも面白くない(場内爆笑)」

 そう思っているなら、「塩原」を今回限りにせず、さらに練り上げて再演してほしい。だが、そんな心配は余計なお世話だった。終演後、僕が四の五の言う前に、さん喬は笑顔で話し出した。

 「限られた時間の中でも、主要な登場人物の場面をちゃんと立てないとね。今日の高座の録音を聴き直して、台本を書いてくれた黒田絵美子先生と検討します」

 さん喬の口ぶりから、またいつか、ではなく、かなり近いうちに「塩原多助一代記」の再演があると、僕は確信した。

 「ザ・柳家権太楼」と「さん喬ひとりきり三夜」を続けて聴いて、「セット」の二人に新たな共通点を付け加えたくなった。

 70歳過ぎても、常に未来を見すえ、落語を諦めないという強い気持ちと、衰えを知らぬ技術。それこそが二人の「落語力」である。

(注1)寄席用語の解説をする時、必ず例に上がるのが「余一会」だ。寄席は10日間を単位に興行し、1~10日は上席(かみせき)、11~20日は中席(なかせき)、21~30日を下席(しもせき)という。すると大の月は31日が余るので、その日だけ定席とは違う特別企画の会を催す。「余った一日の会」だから「余一会」なのだ。

(注2)次々に襲いかかる試練を乗り越え、身を慎み、刻苦精励して、立身出世を果たし、落ちぶれた塩原家を再建――。「塩原多助一代記」は、維新を経験し、列強と肩を並べるべく奮闘した明治の人々の絶対的な支持を受け、円朝作品随一の人気を誇った。だが、時代は変わり、大長編の上、登場人物が数多く、展開も複雑で、笑う場面がないという「やっかいな噺」の演者は減り、円朝作品ナンバーワンの座は、「怪談牡丹燈籠(かいだんぼたんどうろう)」や「真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)」に取って代わられた。令和の時代にふさわしい「塩原多助一代記」の登場が切望される。

長井好弘’s eye 一覧は こちら

プロフィル
長井 好弘( Nagai Yoshihiro
 1955年東京都生まれ。都民寄席実行委員長、浅草芸能大賞専門審査員、日本芸術文化振興会プログラムオフィサー(大衆芸能担当)。著書に『寄席おもしろ帖』『新宿末広亭のネタ帳』『使ってみたい落語のことば』『噺家と歩く「江戸・東京」』『僕らは寄席で「お言葉」を見つけた』、編著に『落語家魂! 爆笑派・柳家権太楼の了見』など。

無断転載・複製を禁じます
1484897 0 長井好弘's eye 2020/09/18 12:00:00 2020/09/18 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200915-OYT8I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ