国立劇場とコロナと「歌わない市馬」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「よみらくご」総合アドバイザー、演芸評論家の長井好弘さんが、演芸愛いっぱいのコラムをお届けします。

落語・講談・浪曲・諸芸――長井好弘’s eye

十八番の、三波春夫「俵星玄蕃」を熱唱する市馬。「小学校6年生の時からだから、40年以上歌ってます」 こんな姿が今回も見たかった。
十八番の、三波春夫「俵星玄蕃」を熱唱する市馬。「小学校6年生の時からだから、40年以上歌ってます」 こんな姿が今回も見たかった。

 「柳亭市馬」という名で、清く正しい落語ファンは何を思い浮かべるだろう?

 その1。五代目柳家小さんの芸を受け継ぐ「柳家」本流の本格派。

 その2。所属真打ちが200名を超す大組織「落語協会」の会長を2014年から務める落語界の「顔」。

 その3。「戦前戦後の流行歌を、一番だけなら歌詞を見ずに1000曲歌える」と豪語し、日本歌手協会会員として五木ひろしとデュエットを披露した「歌う落語家」(注1)。

 三つのうち、「どれか一つ」と言われれば、我々は迷わず「3」を選ぶだろう。

 そんな市馬が9月16日に、1600人収容の国立劇場大劇場で「市馬落語集スペシャル」を催すと聞けば、「ギンギラ衣装に身を包み、横長の大舞台で、三橋美智也、春日八郎、三波春夫、バタヤン(田端義夫)、淡谷のり子、その他僕らが見たことも聞いたこともない昔の歌手の持ち歌(注2)を歌いまくる市馬の晴れ姿」を夢想せぬはずがない。

 だが、夢はかなわなかった。プログラムにいきさつが書かれている。

 「本来ならば三十名のオーケストラでの歌謡コンサートと出演者総勢三十名による唄入り鹿芝居(しかしばい)(注3)という大イベントを企画して(中略)稽古準備に入る間際にコロナが全世界に蔓延(まんえん)し(後略)……」

 その代替公演として、「原点に帰っての(はなし)競演」を打ち出した主催者の見識と覚悟に拍手を送りたい。

昭和の名人ゆかりの二席を

 売り出しの若手・入船亭小辰が露払い。春風亭一之輔、柳家喬太郎という人気のゲストを向こうに回し、太田その&柳沢きょうのお囃子(はやし)コンビによる清元「吉野山」を彩りに、市馬が小さん譲りの「首提灯」と、三遊亭円生十八番の「猫忠(ねこただ)」の二席をたっぷりと。

 実はプログラムの番組表の、トリの市馬の項に「お楽しみ」と書かれていた。「師匠はネタの中で、絶対何か歌ってくれるよ」と予想するご常連たちのうれしそうな顔、顔、顔。

 だが、この日の市馬が高座で歌うことはなかった。これもまた、彼の覚悟の現れなのだろう。

 その代わりというわけではないが、喬太郎が自作「母恋くらげ」の中の、古手のバスガイドが歌う場面で小坂一也の「青春サイクリング」、灰田勝彦の「野球小僧」、守屋浩の「僕は泣いちっち」など、懐かしの歌謡曲を披露した。こういう会でこのネタを選ぶ喬太郎、にくいヤツである。

 国立劇場大劇場でのスペシャル独演会という、これ以上ないほどの舞台が用意されているのに、大好きな昔の歌を歌わなかった。市馬はこの日、「首提灯」と「猫忠」の二席を、さわやかに、おおらかに歌い上げたのである。

(注1)市馬は浪曲もうまい。横浜にぎわい座で相模太郎の「灰神楽三太郎」を完全コピーして聞かせ、名人曲師の沢村豊子をうならせた。相撲甚句は本職はだし、民謡も達者。

あきれたことに、邦楽ばかりではなく、スタンダード・ジャスもこなすらしい。

(注2)恥ずかしながら、僕はオリジナルを知らず、市馬の高座だけで覚えたナツメロが何曲もある。「東京の屋根の下」や「サーカスの唄」、「建設の歌」もそうだ。僕の方が市馬より年上なのに……。

(注3)ハナシカばかりが出る芝居だから、シカ芝居という。役者の衣装を付けた噺家は皆、普段の高座よりも真剣である、ような気がする。

長井好弘’s eye 一覧は こちら

プロフィル
長井 好弘( Nagai Yoshihiro
 1955年東京都生まれ。都民寄席実行委員長、浅草芸能大賞専門審査員、日本芸術文化振興会プログラムオフィサー(大衆芸能担当)。著書に『寄席おもしろ帖』『新宿末広亭のネタ帳』『使ってみたい落語のことば』『噺家と歩く「江戸・東京」』『僕らは寄席で「お言葉」を見つけた』、編著に『落語家魂! 爆笑派・柳家権太楼の了見』など。

無断転載・複製を禁じます
1498189 0 長井好弘's eye 2020/09/25 12:00:00 2020/09/25 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200923-OYT8I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ