文字サイズ
    文化庁から「日本遺産」に認定された全国各地の文化財・伝統芸能をご紹介します。
    北陸・信越

    木曽路はすべて山の中~山を守り山に生きる~【長野】

    木材需要の増大による森林資源の枯渇と厳しい森林保護政策

    • 木曽路(歴史の道)
      木曽路(歴史の道)

     「木曾のナァー なかのりさん 木曾のおんたけ ナンチャラホイ」と歌われる木曽節の「なかのりさん」とは檜を(いかだ)に組んで川を下る筏師のことだという。木曽檜は、木曽谷の代名詞ともいえる産業である。木目が緻密で優良な木曽檜は、鎌倉時代に造られた木曽谷最古の神社である白山神社など、古来神社仏閣建築に重用され、約330年前から、伊勢神宮が20年に1度、お宮を新たに建て替える式年遷宮(しきねんせんぐう)の際に用いる御神木としても使われ続けている。

     この名木に危機が訪れたのは、江戸時代初期のことであった。戦国時代が終わり、安土・桃山時代以降、新たな町づくりが進められると、城郭・社寺建築の木材需要が急増し、全国的な森林乱伐をもたらした。江戸幕府から良材の無尽蔵の宝庫と目された木曽谷は、江戸・駿府・名古屋の城と城下町などの建設のために膨大な用材が伐り出され、深刻な森林資源の枯渇に陥ったのである。

     木曽谷を所管する尾張藩は、江戸時代初期から木曽檜などの伐木への制限に乗り出した。この制限は、江戸時代中期には木曽谷のほぼ全域に及び、「木一本首一つ 枝一本腕一つ」といわれたヒノキなど木曽五木(ごぼく)を伐れば死罪という徹底した森林保護となり、木年貢も廃止された。この施策は、山林乱伐を防ぐ森林保護政策の先駆であったが、森林資源でくらしを立てていた木曽の領民にとっては厳しい経済統制となった。

    木曽領民のくらしを支えた地場産業

     森林保護政策により山での採集を制限された木曽領民には、木曽の風土に根ざした地場産品の生産が奨励された。

     木曽代官4代目山村良豊(やまむらたかとよ)は、奥州から良馬の南部馬を買い入れ、木曽地域の風土に合う山坂に強い木曽馬に改良して、農民に飼育させることを奨励した。また、禁伐を課す代わりに領民の既得権として藩から村に支給される御免白木(ごめんしらき)(使用が許可された材木を割って半製品にした材料)を利用しての曲物(まげもの)、漆器、お六櫛(ろくぐし)などの工芸品や木材加工、養蚕、生糸業、さらに御嶽山修験者から地元の人々に伝授された山野の薬草の製薬技術による「百草(ひゃくそう)」製造などを地場産業として積極的に奨励した。地場産品と整備の進んだ中山道の流通経済を活かして産業振興を図ったのである。

     木曽馬は、性格がおとなしく小型であるため女性でも世話できる農耕馬であり、馬市で売り買いされるだけでなく、領民の農耕・運輸にも大いに役立ち、江戸時代後期には領内に数千頭の木曽馬が飼育されていた。また、陶器に比べ軽く壊れにくい木工品や漆を施し耐久性を高めた漆工品は、木曽路を辿り全国に広まった。

     こうして発展した木曽谷の地場産業は、江戸時代中期以降、領民のくらしを支えた。

    2017年03月31日 10時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP