文字サイズ
    文化庁から「日本遺産」に認定された全国各地の文化財・伝統芸能をご紹介します。
    北陸・信越

    木曽路はすべて山の中~山を守り山に生きる~【長野】

    賑わう宿場の形成と地場産品の流通

    • 中山道
      中山道

     木曽路は、鎌倉・室町時代までには信濃と京都・伊勢などを結ぶ重要な通路として発展していたが、江戸時代には、五街道の一つ中山道の街道整備とともに木曾11宿といわれる宿場が発達した。寝覚(ねざめ)(とこ)(かけはし)鳥居峠(とりいとうげ)から遙拝(ようはい)する御嶽山など木曽谷の情景は、訪れた多くの俳人や浮世絵師などを()きつけ、詩歌や版画となって世に知られるようになった。

     宿場は訪れる人々を迎えることによる経済的利益の他に、木曽馬や木工品など地場産品の需要をもたらす生産・販売・運輸の拠点として賑わい、木曽谷の経済を牽引した。

     奈良井宿(ならいじゅく)は、幕府関係の公用旅行者や参勤交代の大名通行のために人馬を常備し、輸送・通信などの業務を負う代わりに一般の通行に対する独占的な稼ぎが許され、多くの旅行者の宿泊・休息のための旅籠や茶屋などが設けられていた。江戸時代中期には、宿場の規模は南北約1km及び「奈良井千軒(せんけん)」と謳われ、常時2000人以上が働いていた。これは、宿場に職人町も構えていたためであり、奈良井宿は、木曽谷住民に許された御免白木6000()のうち1500駄(1駄は馬1頭が運ぶ荷物の量、約135kg)もの材料が割り当てられ、檜物(ひもの)細工や塗物(ぬりもの)塗櫛(ぬりぐし)などを多く産し、近くの漆工町木曾平沢とともに地場産業の木工品や漆工品の名産地になった。

     妻籠宿(つまごじゅく)は室町時代、木曽義仲(よしなか)の子孫義昌(よしまさ)が木曽谷の南の備えとして整備した山城妻籠城(つまごじょう)の麓に形成された。江戸時代中期、規模は南北約250m程と11宿中最小ではあるが、人口は400人を超えた。これは、31軒もの旅籠と地場産業に従事する人口が多かったことによる。江戸時代初期には宿場近くに木地師(きぢし)と呼ばれる「ろくろ細工」職人の集落があり、木工品の産地であったが、江戸時代中期、森林保護政策が強化されると村の庄屋が尾張藩に請願して檜物(ひもの)細工の御免白木の許可を得て、網笠(あみがさ)の地場産業をおこした。農家の女性たちの手作業による蘭桧笠(あららぎひのきがさ)は、旅行者や僧侶の移動、農作業、茶摘み、舟下り、漁業、林業、土木など広範囲の用途に晴雨にかかわらず着用されたため、木曽路を通じて全国に広まった。

     江戸時代中期、街道整備がすすみ庶民の御嶽登山が盛んになると、全国から多くの御嶽山信仰の人々が訪れた。訪れた信者の数は、登山道沿いなどに建てられた霊神碑(れいじんひ)が数万基にのぼることからもその規模の大きさがわかる。御嶽山と木曽路を行き来する人々によって、木曽谷の流通はさらに促進された。室町時代以来、御嶽山麓の修験者が携帯したといわれる「そば」は御嶽山麓開田(かいだ)の特産となり、登拝のために訪れた人々などによって、木曽谷の地場産品や薬「百草」などとともに宿場から木曽路を辿り全国に広められた。

    • とうじそば
      とうじそば

     近代に入り、御嶽山麓の森林鉄道に木曽檜を満載した列車が走る。木曽谷の人々が守り続けた木曽檜は、再び木曽の代名詞として蘇った。そして、農家や職人町、宿場など木曽谷のあらゆる人々がそれぞれの生業を活かして発展させた地場産業は、全国に名高い在来馬(ざいらいば)や伝統工芸品などに結実した。

     文豪島崎藤村の『夜明け前』は「木曽路はすべて山の中」で始まる。木曽谷の山と木曽路は、木曽谷の人々の「山を守り、山に生きる」くらしを育んだ。そのくらしは、森林の保護、木曽路や宿場の保存、伝統工芸品の伝承を大切に思う心を培い、今も木曽谷に息づいている。

    2017年03月31日 10時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP