文字サイズ
    文化庁から「日本遺産」に認定された全国各地の文化財・伝統芸能をご紹介します。
    広域

    鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~【広島・神奈川・長崎・京都】

     【概要】明治期の日本は、近代国家として西欧列強に渡り合うための海防力を備えることが急務であった。このため、国家プロジェクトにより天然の良港を四つ選び軍港を築いた。静かな農漁村に人と先端技術を集積し、海軍諸機関と共に水道、鉄道などのインフラが急速に整備され、日本の近代化を推し進めた四つの軍港都市が誕生した。百年を超えた今もなお現役で稼働する施設も多く、躍動した往時の姿を残す旧軍港四市は、どこか ( なつ ) かしくも ( たくま ) しく、今も訪れる人々を ( ) きつけてやまない。
    <2016年4月認定。以下は、認定申請書類から引用>

    四市の地勢と軍港の設置

    • SSK佐世保造船所施設群
      SSK佐世保造船所施設群
    • 海自呉地方総監部第一庁舎
      海自呉地方総監部第一庁舎

     富国強兵(ふこくきょうへい)、これは明治新政府が近代国家を建設するために掲げたスローガンの一つで、その強兵の一翼を担ったのが海軍です。明治政府は西欧列強と対等に渡り合うために、艦艇(かんてい)の配備を進めるとともに、明治17年(1884年)、横須賀に鎮守府(ちんじゅふ)を置いた後、同22年に呉と佐世保、同34年に舞鶴で鎮守府を開庁し、島国日本の周辺海域を分割して管轄する海の防衛体制を確立しました。

     この鎮守府とは軍港に置かれた海軍の本拠地であり、各海軍区を防備し、海軍工廠(こうしょう)(艦艇の建造・修理、兵器の製造)や海軍病院、軍港水道等、多くの施設の運営・監督を行いました。また、艦艇部隊の統率には鎮守府司令長官があたりました。

     四つの軍港は、急峻な山に囲まれ、外敵の侵入を拒む湾口、艦艇の航行・停泊が自在にできる湾内、水深の深い穏やかな入江など、厳しい地勢条件を満たして選定されました。軍港の建設から100年以上が経過し、艦艇こそ現代のものに変わりましたが、港のドックや埠頭(ふとう)、林立するクレーン、その界隈(かいわい)に建ち並ぶれんが倉庫、港に集まる鉄道・水道・通信施設、港から広がるまち並み、港を守る丘の上の要塞(ようさい)跡など、軍港を中心とする特有の景観は今ではすっかりそれぞれのまちの顔になっています。

    2017年03月31日 11時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP