文字サイズ

    15周年のZ旗祭、秀樹追悼コーナーも

     「ここでしか見られないZ旗」を合言葉にスタートしたZ旗祭が、今年、ついに7回目を迎えました。高取ヒデアキさん率いるZ旗は10人編成で、ロフトプラスワンの舞台には当然乗り切らない。無理やり座敷席をつぶし、メインステージからそっちに行ってみたり戻ってきたり。ああでもない、こうでもない、と試行錯誤を繰り返しながら、なんとなく位置も定まってきました。もう7年もやってきているのか、とビックリです。今年はそのZ旗が結成15周年。記念イヤーだからといって、決して手を緩めることなく(闇笑)、イベントをやってきました。

    • ホーン隊を従えて
      ホーン隊を従えて
    • 座敷はこんな感じ
      座敷はこんな感じ

    ☆ヒデアキ感激!

    • やえさん登場
      やえさん登場

     まずは、「どうしても最初に歌っておきたい」という自作の難曲、動物戦隊ジュウオウジャー主題歌からスタート。続いて、放送中の「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」から、仕上がったばかりの新しい挿入歌「HERE WE GO」を歌っていただきます。こちらは、ルパンレンジャー側の歌。「絶対にうちにはパト側は来ない」とは高取巨匠の力強い名言です(笑)。お手伝いで、コーラスのうちやえゆかさんが駆けつけ、迫力ある歌を聴かせてくれました。

     15周年を振り返り、15年先に思いを()せながらやったのは、恒例の全員カラオケコーナー。今回は「15」をテーマに曲を選んでもらいました。15枚目のシングル、とか15曲目の歌、とか15年前の歌、とか多彩な選曲でしたが、まずは「ルビーの指環(ゆびわ)」を歌う籠島さんでスタートです。あっくんは「嵐」の「とまどいながら」を歌いましたが、舞台上が嵐にくわしくなく、全員ぽかん。15=いちごに着目したケニートさん、いや、ケニ江さんの「いちご畑でつかまえて」のアイドルぶりがさすがなら、同じいちご解釈なのだけれど「いちご白書をもう一度」を歌った川瀬さんも人柄が出ていて素晴らしかったです。若手のchoemonさんは「TSUNAMI」で、世代の若さを見せつけてきた(笑)。

    • 籠島さんとタカさん
      籠島さんとタカさん
    • あっくん熱唱
      あっくん熱唱
    • うっちーのTUBE
      うっちーのTUBE

    • 川瀬さんはしっとりと
      川瀬さんはしっとりと
    • ケニ江さん
      ケニ江さん
    • ちょえさんは若い歌を
      ちょえさんは若い歌を

    • 15の夜!
      15の夜!
    • 神、降臨
      神、降臨

     一方、タカさんの「なんで俺のことをこんなに知っているんだろうと思った」という真に迫った「15の夜」は魂の叫び(爆)。兄弟ながら「涙そうそう」を選んだノブ君との差違はなにゆえ?(笑)うっちーさんの「ガラスのメモリーズ」が物真似(まね)の域を超えて、芸となっているのもさすがです。さらに、今年も、神・OZAKIが降臨です。マイクスタンドに身をゆだねながら「15」でねえやが嫁にいっちゃう「赤とんぼ」を歌い上げたのでした。童謡とのコラボが意外にも(失礼)ナイスチョイス! いい味を出していました。「トリ」はまるで紅白のごとく、トシくんが「津軽海峡冬景色」を熱唱し、これがまた、よかった。

    • ノブくんも歌う
      ノブくんも歌う
    • トシくんの演歌
      トシくんの演歌

     そして、今年前半の目玉は、追悼の思いを込めての西城秀樹コーナー。実はタカさん、リアルタイムで秀樹が好きで、「なんで自分の名前はヒデアキで、ヒデキじゃないんだ」と思っていたそうです。そして、声の質とか歌の方向性がすごく合ってるんですよね。ヒデキの歌もどれもこれも名曲ぞろい。どれを選ぶか迷いながらもこの3曲をセレクト。

    • YMCA
      YMCA

     まずは、「何も言うな」と言った直後に「何が見える?」と問いかける、すごい台詞(せりふ)入りの「ジャガー」。管楽器が映える「ヤングマン」を会場中で大合唱。そしてそして、「ブルースカイブルー」を歌っていただきました。秀樹さんの葬儀でもかかったこの歌は改めて聴くと、なんともドラマチックです。大人になったらこんな恋をするはずだったのに……などと思いながら、しみじみ聞いていたのでありました(笑)。

     私が名前を知っている世界で2人のベーシストのうちの1人、Toshi君が、もう1人のベーシストであるポール・マッカートニーの歌を歌うコーナーで「I saw her standing there」で1部は終了。休憩後の第2部はZ旗ライブからスタートです。タカさんが父祖の地である佐賀のために作った「勇気を出して~One for All, All for One」からスタートし、新曲や「アンチヒーロー」などを聴かせてくれました。

    • タカさん
      タカさん
    • 私も歌いました…
      私も歌いました…

     その合間に挟み込まれた「今年デビュー10周年を迎えたことが明らかになった歌手」が、実は私でした(爆)。ひょんなことから、書いた詞をタカさんに託し、気がついたら自分が「激流」というタイトルのムード歌謡を歌うことになっていたのが、ちょうど10年前の今頃でした。11月のデビューに向け、JAM Projectに同行取材したフランスやスペインのホテルで深夜に一人歌っていたことを懐かしく思い出す……と、そんな余裕をかましている場合ではなく、このために、うちやえゆか先生にレッスンをつけてもらい、ドレスを新調し(形から入るタイプ)、まあ、とにかく10年後の現時点、できる限りのことをして歌ったわけです。「激流」、今年はせっかくなのでお耳汚しは承知の上で歌っていこうかなあと思っております。まだCDあるしね(笑)。

    ☆可憐な紗花ちゃんにワイルドなクッシー

    • 紗花ちゃん登場
      紗花ちゃん登場

     最初のゲストは、実はZ旗メンバーとはほぼ「はじめまして」だった佐咲(ささき)紗花(さやか)ちゃん! 最近、紗花ちゃんとイベントをやる機会を持ち、その歌声にはまった私がお願いしたのでした。特撮大好きで、よく五松祭に遊びにきてくれていた紗花ちゃんなので、ほとんど「身内」みたいな感覚(笑)。

     まずは、管楽器が似合う「ID-0」の熱唱からスタート。会場のPAさんがすっごく頑張ってくれてはいるものの、管楽器が真後ろ、弦やドラムスは座敷、と離れているので、音の状態はあまりよろしくない。だから「初めてだし、カラオケで歌ってもらった方が」という話も出ていたのですが、見事に生演奏で迫力ある歌を聴かせてくれました。

    • Z旗とともに熱唱
      Z旗とともに熱唱
    • デュエットもばっちり決まった
      デュエットもばっちり決まった

     そこから、オリジナル曲に行く、わけがない(笑)。そこは340Presentsですから。せっかく来てくださったということで、プリキュアから「Tomorrow Song」。見事に仕上げてきてくださって感動ものでした。さらに、タカさんと2人の「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」をリクエスト。男性ボーカルの方は、オリジナルより円熟味あふれるものでしたが(笑)、素晴らしいデュエットを聴かせていただきました。

     続いてのゲストは、串田アキラさんです。後半に大人のゲストがいると、本当にイベントが引き締まってありがたい限りです(笑)。串田さんには私の万感の思いをこめたリクエストで、まずは「チェイス!ギャバン」をお願いしました。管楽器がとても映える一曲です。今ほど「チェイス! ギャバン! ファイト! ギャバン!」という歌詞が胸に響く時はないような気がしています。続いても私のリクエストで、ジライヤから「空からひびく声」。あっくんのトランペットソロが空にしみいるような一曲でした。そして、YOFFYともまだ数えるほどしか歌っていないという「スペーススクワット」をタカさんと串田さんで。生演奏だと、さらに燃える一曲となりました。

    • ポーズをとる串田さん
      ポーズをとる串田さん
    • こちらのデュエットもカッコイイ
      こちらのデュエットもカッコイイ

    • トッキュウ体操でした
      トッキュウ体操でした

     無茶(むちゃ)ぶりを経て、ダンス無茶ぶりコーナー。今年は戦隊にダンスもないので諦めていたんですが、意外なところに策士がおりました。はい、ゲストに(笑)。先日の歌祭の打ち合わせの時だったか、紗花ちゃんがニッコリと笑いながら私に動画を見せて「串田さんがいらっしゃるなら、これがありますよ」とささやいたのです。それが……「トッキュウ体操」でした。この日、私が会場入りしたところ、Z旗全員が、うちやえ先生の指導のもと、全員でこの体操を練習していたという(笑)。ところが、これ、歌う串田さんもかなり大変な一曲で、久々に歌っていただいたところ「前屈して後屈して歌うんだよ、これ!」と苦笑されておりました。なにはともあれ、野郎どもの体操はバッチリ、でした。

     そしてラストは巨匠の手によるあの少女アニメのメドレーで華やかに幕を閉じたZ旗祭。来年に向けて、また仕込みに入ります(鬼)。

    2018年06月29日 12時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    mishio_profile.jpg 
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ