暑くて熱い!滝汗流れるアニソンスプラッシュ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

灼熱の舞台袖で出番を待つZETKI
灼熱の舞台袖で出番を待つZETKI

 15周年を迎えたプリキュアシリーズの最新作「HUGっと!プリキュア」が「男の子だってお姫様になれる」「人の心を縛るな!」などの名ぜりふを連発していることは、実にタイムリーだな、と強く思う、いろいろな意味で暑い夏。そんな中、灼熱(しゃくねつ)と滝汗のステージをやってきました。今年も、よみうりランドのプールWAIで「アニソンスプラッシュ」をやってきました! プールのヒーローであるスカットマンのプロデュースにちょっとばかり携わらせていただいたことから始まったこのライブ。去年は冷夏で雨まで降って、震えながらプールサイドでホットコーヒーを買ったのも、今となってはいい思い出(笑)。今年はお天気に恵まれ、というか、恵まれすぎて、リアルに滝汗を流しながらのライブとなりました。

お客様、満員!歌ううちやえさん
お客様、満員!歌ううちやえさん
同じく気持ちよさそうに歌うタカさん
同じく気持ちよさそうに歌うタカさん

歌う幡野くん
歌う幡野くん

 今年の出演者は、高取ヒデアキさんとZETKI、そして、うちやえゆかさん、さらにシークレットゲストとして幡野智宏くんが来てくれました。ライブ時間はざっくり30分程度という発注でしたので、皆さんそれぞれのオリジナル楽曲を短めサイズに編集して歌っていただきました。これが意外とトリッキーで(笑)、昨年はついついフルコーラスに突っ込んでいってしまって自爆する人が続出したのですが、今年は皆さんバッチリ。迫力満点なZETKIとタカさんのジュウオウジャーOP、可憐(かれん)なやえさんのプリキュア、そして朝から高音全開な若手代表、幡野くんのキュウレンジャーOPと大盛り上がりです。

いつでも出動、待機中のスカットマンさんたち
いつでも出動、待機中のスカットマンさんたち

 そして、突然、場内に響き渡る怪しい音楽! そうです、お約束の「暑さ」と「湿度」がステージを襲ってきたのです。「これじゃ歌えない」とうめいて苦しむ出演者の皆さん。ZETKIさんはステージ上に這いつくばって転げ回っています。半分は演技ですが、半分強くらいは、全員、本気で死にそうになっていた(笑)。だって、プールの照り返しもあって、ステージ上は体感温度50度は軽くあるような暑さ。ステージに出たり入ったりをしただけで、サウナに入ったみたいな汗の出方なんです。というわけで、「そうだ、こんな時にはプールのヒーロー、スカットマンを呼ぼう!」と美潮「おねえさん」。そして、スカットマンが華麗に参上し、みんなを助け、めでたしめでたし。タカさんがスカットマンのテーマソングを歌い、スカットマンが踊り、(にぎ)やかなステージを繰り広げました。

スカットマンも一緒に記念撮影
スカットマンも一緒に記念撮影

 続いては、うちやえさんがよみうりランドのキャラクター、グッド&ラッキーの歌を披露。本当はグッドくんとラッキーちゃんに来て、踊ってもらいたかったのですが、夏の繁忙期でグッドくんたちが多忙で駆けつけられず。代わりに踊ったのはZETKIの皆様。これからはダンサーとしての活動にも期待できそうです(闇笑)。そんなZETKIのカッコイイ演奏のもと、最後はタカさんとうちやえさんがルパンレンジャーVSパトレンジャーの挿入歌「HERE WE GO」を格好良く決めてくれました。

歌ううちやえさん
歌ううちやえさん
歌うタカさんとZETKI
歌うタカさんとZETKI

お客様と一緒に記念撮影
お客様と一緒に記念撮影

 灼熱のステージ、次回は8月14日を予定しております。お客様はプールの中なので、ステージ上よりは涼しく観覧できるかと。ぜひ予定が合う皆様はアニソンスプラッシュにお越しください。

33753 0 日本特撮党 党首の活動報告 2018/07/26 05:20:00 2018/07/26 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180725-OYT8I50020-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ