世界平和のため、書けない話でいっぱい…超人もみじ祭

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

寺井さんの蹴りが命中
寺井さんの蹴りが命中

 あっという間に師走です。もろもろ予想外に忙しく、更新が滞っております。今日は、11月10日に大阪で開催した「超人もみじ祭」のお話です。発表していた和田三四郎さん、中村浩二さんに加え、寺井大介さんが遊びにきてくれ、コンプリ感のあるイベントとなりました。

 冒頭は、中村さんのお仲間も加わってのショー。登場した三四郎さん、寺井さんに襲いかかる暴漢。やられてしまう2人。そこにショーのお姉さん(わたし)が登場し、皆で中村さんを呼ぶ。いや、やってみて初めて気がつきましたが、「なーかむーらさーん」というコールは、繰り返せば繰り返すほど、なんか妙だった(笑)。中村さんが登場してからの殺陣はさらに激しくなり、背落ちまで披露されていました。最後は3人が光線技でやっつけて大団円。そこからイベントスタートです。

 あいさつをしつつ、盛り上げる1曲担当は中村さんで「勝手にしやがれ」です。ちょうどジュリーの一件が世間を騒がせていた頃で、タイムリーな選曲でした。お客様を舞台に上げての殺陣講座、そして寺井キャスターによるアトラクションショー「あるある!」なニュースの披露。うーん、このあたり、書けないんですよね。差し障りがありすぎて。なので、内容を知りたい方は、ぜひ来年春にやる(ふふふ)「超人ひな祭」にいらしてください。

三四郎さんも跳びげり
三四郎さんも跳びげり
3人でやっつけたぞ!
3人でやっつけたぞ!

抱腹絶倒、寺井大介さんの太陽の塔の顔マネ

勝手にしやがれで盛り上がる
勝手にしやがれで盛り上がる
太陽の塔です
太陽の塔です

 その後、お客様からいただいたお題を演じるジェスチャーゲームをやったのですが、そこでの寺井さんがすごかった。寺井さんが引いたお題は「太陽の塔」。まずは体で塔っぽさを見せるも、「え? スカイツリー?」みたいに、本気か嫌がらせか、正解を言えないお二人。そこで寺井さんがやってみせたのが、「太陽の塔の顔マネ」です! これが、もう絶妙で、あまりにも似ていて。おそらく党首は、あと30年はあの顔を思い出して笑えると思います。

 続いて、これまたいろいろ書けない話があって、第2部。第2部では、なぜかお客さんに筋トレを強要する寺井マンとか三四郎マンが登場しましたが、これは写真からして差し障りがあり、お見せできません(笑)。

 今年のお約束とも言える「USA」を歌唱・中村さん、ダンス・後輩2人でやっていただく。嫌だ嫌だと言いながら、完璧に振りを入れている寺井さんと、本番までに仕上げた三四郎さん、やはりこういうところがアクションの人はすごいなあ、と思います。

 今回新たな見せ物(爆)としては、3人の絵心コンテストということで、ブラックボックスの中のソフビを触ってもらってその感触だけで、何が中に入っているか描いてもらいました。

USA!!
USA!!
お絵かき対決
お絵かき対決

お料理対決
お料理対決

 生絞り中村バーを開店したあとは、お料理対決。お題は「大根で何か作る」と「かわいいカップケーキを作る」。うちのアシスタント(男)が「恥ずかしくてクリーニングに持っていけないので自分で洗濯した」というエプロンを身に着けていただき、お料理対決をやってもらいました。負けた「2人」はバツゲームで、勝敗はお客様の拍手で決めましたが、さすが、うちのお客様はわかっていらっしゃる(笑)。バツゲームで女児向け番組のダンスを踊ったのは三四郎・寺井ペアでした。

打ち上げ後、ホテルの戻ってきた酔っぱらいたち。
打ち上げ後、ホテルの戻ってきた酔っぱらいたち。

 時系列で書いてきて、世界の平和のために、書けないことがこれほど多いイベントも珍しいな、とちょっと驚いている党首。この祭の神髄にふれたい方は、やはり直接、会場に足を運んでいただくしかなさそうです。はい。あ、また今回も丸山浩さんが格好いいポスターを描いてくださり、舞台上にはその絵を飾らせて頂きました。ま、それをプリントアウトしにキンコーズに行った寺井さんが紙のサイズを聞かれ、「サ、サ、サイズってSML?」と思ったという話も今回、私のツボを直撃してくれた、いい話です(笑)。

 というわけで、あちらもこちらも大人の事情、いや、世界の平和のために、書けない見せられない話の多い超人祭だったのでした。

無断転載禁止
52108 0 日本特撮党 党首の活動報告 2018/12/04 05:20:00 2018/12/04 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181203-OYT8I50027-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ