挑むべきは仮面ライダー??虐げられた「非赤」の反逆祭

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

巻き込まれ、少年ライダー隊になった私
巻き込まれ、少年ライダー隊になった私

 今年は、2年に一度の反逆祭の年。というわけで、羽村英座長の旗のもと、非赤の皆さんが集まり、反逆ののろしをあげました。

 今回は、全員が仮面ライダーがらみの扮装(ふんそう)で登場しました。その意味について、羽村座長は「もはや、戦隊内で赤がどうのこうのと言っている場合ではない。我々が挑むべき相手は仮面ライダーだ!」とぶち上げました。というわけで? W(双子だから)の翔太郎になりきった土屋圭輔さんとか、仕事帰りのスーツ=ドライブの進ノ介姿の朝倉圭矢さんとかが続々登場。中川素州さんのストロンガー城茂と小島美穂さんの手作りタックルは、本当に素晴らしいできばえでした。ちなみに、英ちゃんは、お手製の、なぜかスカイゼルのベルトを着けて登場(笑)。衣裳はフォーゼの弦太郎、というよりもツッパリ高校生(笑)。柴木丈瑠くんのギルスの葦原(あしはら)もお手製のベルトやら何やらがくっついていて手作り感満載でした。

フォーゼの英ちゃん
フォーゼの英ちゃん
タックルです
タックルです
ナゾのギルスになっている柴木くん
ナゾのギルスになっている柴木くん

リーマン、ではなく進ノ介です
リーマン、ではなく進ノ介です
Wの圭輔さん
Wの圭輔さん
素州さんの完成度!
素州さんの完成度!

うちやえさんも登場
うちやえさんも登場
お色直しで登場の小島さん
お色直しで登場の小島さん

紙芝居をする圭ちゃんず
紙芝居をする圭ちゃんず
みんなでダンス!
みんなでダンス!

 2人の「圭」による紙芝居劇場で、お約束の「赤は(ひど)い!」物語を披露。紙芝居を持つ役目のマスクをした男が、赤がディスられるたびに反応していたように見えるのは、気のせいでしょうか。ちなみに、服の上からもわかる立派な上腕二頭筋が、どうも赤い戦士の一人、和田圭市さんを彷彿とさせたのですが(笑)。

 全員が、衣裳に合わせた楽曲での「反逆歌合戦」で熱唱した後には、本当の歌手(笑)、うちやえゆかさんが登場してプリキュアを熱唱。いつも、ダンスの先生として、いろいろ々な色の人がお世話になっているやえさんですが、これで反逆祭も、おそらくレギュラー入りです(笑)。もちろん、やえ先生がいるということは、歌だけで終わるはずはなく、一部ラストは、あえてタイトルは書きませんが、あるエンディングを皆さんが素晴らしい仮装で踊ったのでした。個人的には、素州さんの脚線美にくぎ付けでございました。

「海パン」VS「マスク」の戦いも

海パンマン1号とマスク男の戦い
海パンマン1号とマスク男の戦い
海パンスリー!
海パンスリー!

 休憩をはさんでの第2部は「海パン劇場」からスタート。反逆では恒例の朝倉さんの海パンに、打ち合わせで酔った勢いで、丈瑠くんと圭輔どんが巻き込まれ、今回「海パンスリー」としてデビュー(笑)。1部から引き続き登場し、マスクを脱ごうとするマスク男と、目のやり場に困る華麗な殺陣を展開したのでした。普通は、正義サイドがマスクをはごうとして、マスクをつけている人はとられまいと戦うのですが、反逆においては、役回りが逆。そんなマスク取りの攻防が面白かったです。

おぐらさん(中央)も加わってのUSA
おぐらさん(中央)も加わってのUSA
マスクを脱いだ和田圭市さんと一緒にポーズ
マスクを脱いだ和田圭市さんと一緒にポーズ

 全員が舞台に再登場したところで、もう一人のゲスト、おぐらとしひろさんも加わって、今年大流行の「USA」を全員でダンス! 本当は、おぐさんはダンスには参加しない予定だった、というか、何時に到着できるかわからなかったので、飛び入りの体で準備をしていたのですけれど、たまたまこの日は早く会場入りしてくださいました。そこで、リハで踊ってもらったらバッチリだった、というわけで「え!? 聞いてない」というご本人の声をさくっと無視して(笑)、急きょこのダンスコーナーよりの飛び入りとなりました。芸は身を助く、いや、助くというよりは、滅ぼすか?

竹本さん(中央)の保管していた絵本をつかっての芝居
竹本さん(中央)の保管していた絵本をつかっての芝居
五味さんも遊びにきてくれました
五味さんも遊びにきてくれました

 第2部では、竹本昇監督が登場。なんと、ご自宅にターボレンジャー第40話「歩け!四国の子」の小道具で使った絵本(読むとどこまでも歩いてしまう悪い絵本と、本物のいい絵本)が保管されていたそうで、それをお持ちいただきましたので、丈瑠くんと朝倉さんで、場面を再現していただきました。本物の小道具が登場すると、気持ちがあがりますね。

 さらに、飛び入りで現役の五味涼子さんが遊びにきてくださり、場内またまた盛り上がる。盛り上がったまま、名乗りメドレー、主題歌メドレーと続き、今年の反逆はお開きとなりました。英ちゃんによると、次回は「もはや反逆ではない」そうで、違うタイトルになるかもしれませんが、2年後、必ずやります(やらせます)ので、楽しみに待っていてください(笑)。

54247 0 日本特撮党 党首の活動報告 2018/12/15 05:20:00 2018/12/15 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181214-OYT8I50016-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ