波長ぴったり、五條真由美さんと松原剛志さんの五松祭

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

衣装のテイストもばっちり合ってる2人
衣装のテイストもばっちり合ってる2人

 何かと忙しい暮れ、レポートが順不同となっておりますが、まずはクリスマス前にどうしても書いておきたい、五條真由美さんと松原剛志さんの「五松祭16」のお話を。年2回のペースで続けている五松ですから、つまりはもう8年やってきている、ということになるんですね。活躍の場所も芸風(笑)も、決して同じではないお二人ですが、どこか波長が合うからこそ、これだけ続いているのだと思います。何より、毎回、打ち合わせていないのに2人の衣裳はいつも同じテイストで色合いもリンクしている!! すごい!!!

 この日は、まず五條さんが「DANZEN! ふたりはプリキュア~唯一無二の光たち~」を五松で初めて披露してくれました。映画の主題歌として(よみがえ)った初代主題歌。どうしても「まっくすはーと!」とか叫びたくなるのを押さえるのが大変ですが(笑)、プリキュアさんたちが踊っていたのを思い出して、皆で盛り上がるプリキュアは最高ですね。対する松原さんは「海賊戦隊ゴーカイジャー」でばっちり決めてくれました。

来年は2人そろって歌手デビュー20周年

熱唱する五條さん
熱唱する五條さん

 今年の振り返りをしながらの歌とか、成田賢さんを(しの)んでの歌のコーナーとかありつつ、話題はお二人がそろって来年、デビュー20周年を迎えるという話になりました。実は、これ、当のお二人も私も全く気づいていなかったのです。それが、10月末に豊島区さんから「1月14日に『アニメ成人式』をやりたい」というご相談を受け、美潮「どうせならアニソンやりましょうよ」、豊島「じゃあ、どなたかご紹介ください」となった時に、私の頭に浮かんだのが五條さんと松原さんの2人の顔でした。ちょうど大手町から所用で東京駅まで歩いている、ガード下の手前で、特撮の神様が降りてきた、とでも申しましょうか(笑)。お二人からご快諾いただき、いろいろ打ち合わせをしていただいているうちに、なんと成人式で歌う2人が、歌手としての成人式を来年迎えることが明らかになったのです。我ながら、神っていたな、と思います(笑)。

 20周年にまつわる歌は来年たっぷり歌っていただくということで、今回はちょうど真ん中、10周年近辺に歌った歌を歌っていただきました。五條さんが「夢にエール! パティシエール♪」、そして松原さんが「Eternal Traveler」。松原さんのこの歌、五條さんも言っていましたが、松原さんにぴったりのちょっとドラマチックなメロディーで素敵(すてき)でした。

デュエットする2人
デュエットする2人

 休憩をはさんでの第二部では、荒巻みどりさんをお迎えしての、ピアノコーナーへ。トップバッターは松原さんで「君へ」。こちらは、1月に松原さんが出演するミュージカル「スター誕生」の中の1曲。「僕が歌う歌ではないんですが、とてもいい歌なので」ということで、今回は告知も含めての披露となりました。続く五條さんは、「クリスマスキャロル」から「オーホーリーナイト」を熱唱と一気ににクリスマスっぽい雰囲気になります。ところが、次の1曲はなぜかJポップの「世界中の誰よりきっと」(笑)。こちらは、打ち合わせの後にお二人が決めてきた曲目でして、理由を尋ねたところ「FNS歌謡祭でやっていてよかったから」と松原さん。実は、リアルタイムで聞いていた頃は全然いいと思わなかったそうですが、「1周回ってやっぱりいいな」という感想をもち、お二人でデュエットで歌うことになったそうです。

歌う松原さん
歌う松原さん

 続いて松原さんは「ひまわりの約束」を。先日、ボイトレの先生をやったときに生徒さんが歌いたいといって持ってきた曲がよかったので、とのこと。ちなみにこの五松祭の翌日、私はよみうり大手町ホールでのアニソン女子部ファイナル公演に立ち会ったのですが、そこで堀江さんがカバー曲として選んだのがこの曲で、なんだか不思議な縁を感じました。そして、五條さんは「メリクリ」。「考えてみたら、これもFNSでやってましたね」と五條さん。どうも今回の五松は、だいぶFNSに影響されているようです。

 しかし、考えてみたらそもそも五松は、お二人に生ピアノでミュージカル曲を歌ってもらおうというところから始まったイベント。FNSばかりではよろしくない、ということで、ここでお二人にミュージカル「アイーダ」から「星のさだめ」を歌っていただきました。

 恒例のアニソンをピアノでのコーナーでは、私の独断で、電子戦隊デンジマンから「熊とトド」でお馴染(なじ)み(笑)、内田直哉さんが歌った挿入歌「ひとりぼっちの青春」を松原さんに、MoJoさんが富田伊知郎名義で作曲して歌った科学戦隊ダイナマン挿入歌の「エンドレスウェイ」を五條さんに歌ってもらいました。

楽しくクリスマスソングでお開き
楽しくクリスマスソングでお開き

 そして、ラストは(にぎ)やかにクリスマスソング「All I want for Christmas is you」で幕を閉じました。来年も新緑の季節に、20周年を祝う五松を開催したいと思います。皆様よろしくお願いします!!

無断転載禁止
55003 0 日本特撮党 党首の活動報告 2018/12/20 05:20:00 2018/12/20 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181219-OYT8I50057-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ