読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

甘露寺観光「恋の聖地」でPR…鬼滅の刃で注目、撮影スポットや恋みくじも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人気漫画「鬼滅きめつやいば」に登場する女性キャラクターと同じ名前で注目を集めている和歌山県紀の川市の浄土宗寺院「甘露寺」周辺を、キャラクターのイメージに合わせて「恋の聖地」としてPRする取り組みが広がっている。撮影スポットや「恋みくじ」ガチャガチャの設置などで観光客の心をつかんでいる。(平野真由)

ブームに着目

甘露寺前駅構内に設置された「恋みくじ」(紀の川市で)
甘露寺前駅構内に設置された「恋みくじ」(紀の川市で)

 漫画は、家族を鬼に殺された主人公が、鬼として生き残った妹を人間に戻すためにかたきの鬼と戦う内容で、公開中のアニメ映画が歴史的なヒットを記録。社会現象になっている。

 主人公を取り巻く個性的な登場人物たちが魅力の一つで、同寺と同じ名前の女性剣士・甘露寺蜜璃みつりは、主人公と一緒に鬼と戦う仲間として登場する。人に好意を持ちやすく、愛嬌あいきょうあるキャラクターが人気だ。

 同市は、こうした“鬼滅ブーム”に着目。インターネット上に特設サイトを開設し、甘露寺と寺周辺の平池緑地公園、和歌山電鉄貴志川線の甘露寺前駅などを「恋の聖地」としてPRを始めた。

桜色に入れ替え

 10月には、同寺の協力で本堂の雨戸をキャラクターの髪色と同じで、恋をイメージする桜色のものに入れ替えて撮影スポットを設置。登場人物にふんしたコスプレーヤーらが集まるようになり、3連休の11月21~23日は、多い日で500人近くが訪れた。また、同寺でも、桜色と黄緑色のグラデーションで彩った華やかなご朱印を新たに用意。ご朱印目当ての参拝者も増えているという。

 撮影スポットは12月13日まで(7日は除く)で、ご朱印は当面、午前10時~午後4時に授与する予定だ。山下芳巌ほうがん住職は、急増する参拝者に戸惑いつつも、「参拝のマナーを守って、来てほしい」と呼びかけている。

周辺にもスポット

新たに用意されたご朱印
新たに用意されたご朱印

 寺周辺でも、恋の聖地の取り組みを進める。

 同市は、平池緑地公園に新たな観光スポットとして、「恋」と刻まれた木製のモニュメント(高さ約2メートル)を設置したほか、和歌山電鉄貴志川線・甘露寺前駅では、老朽化した駅名看板を桜色と黄緑色の看板に新調。沿線住民でつくる「貴志川線の未来をつくる会」が用意した同じ色ののぼりと共にホームを彩っている。

 また、駅構内にガチャガチャの「恋みくじ」を設置。ナギの葉が、葉脈が縦に走って裂けにくいため、昔から「恋のお守り」とされてきたことから、カプセルの中にはおみくじと、同寺境内に植えられているナギの葉を入れる巾着を入れた。

 企画した市地域創生課は「これを機に恋の聖地として根付かせ、若い女性をターゲットに、観光客が訪れる町にしたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1673510 0 サブカル 2020/12/04 07:50:00 2020/12/11 07:15:22 甘露寺前駅のホームに設置された「恋みくじ」(紀の川市で)=平野真由撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201204-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)