読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

山下ふ頭の「ガンダム」、ギネス世界記録認定…動く人型ロボットとして最大

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ギネス世界記録の認定書を受け取るバンダイナムコエンターテインメントの宮河恭夫社長(左)=「ガンダムグローバルチャレンジ」提供
ギネス世界記録の認定書を受け取るバンダイナムコエンターテインメントの宮河恭夫社長(左)=「ガンダムグローバルチャレンジ」提供

 横浜市の山下ふ頭で公開されている実物大の「動くガンダム」が、動く人型ロボットとして最大だとして、ギネス世界記録に認定された。高さはアニメと同じ設定の18メートルで、頭部から両腕・両足、手の指先まで動く。

 アニメ「機動戦士ガンダム」の放送開始40周年を記念したイベント「ガンダム ファクトリー ヨコハマ(GFY)」(メディアパートナー・読売新聞社)で公開しており、イベントの運営会社が発表した。

 イベントの発案者で、バンダイナムコエンターテインメントの宮河恭夫社長は「まさか認定をいただけるとは思っていなかった。ぜひ皆様に見ていただければ」とコメントした。

 イベントは2022年3月末まで。入場チケットは公式サイトで販売している。ガンダムのコックピットに搭乗する感覚を疑似体験できるコーナーなども開設されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1717682 0 サブカル 2020/12/21 18:27:00 2020/12/21 20:35:45 ギネス世界記録に認定されたガンダムを背景に、認定書を受け取る宮河社長(左)(一般社団法人ガンダムグローバルチャレンジ提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201221-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)