読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「歩き読み」楽しんで!駅ビルに80mの漫画

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR宇都宮駅西口の駅ビル「宇都宮パセオ」の2階に、栃木県内ゆかりの漫画家たちの作品が、お目見えした。約80メートルにわたる漫画が、通行客を楽しませている。

 開業30周年記念事業の一環として、改装工事で設置中の仮囲いスペースを活用して企画された。展示されるのは、県内出身の漫画家3人と、文星芸術大の学生が描いた作品計16点。

漫画が展示されている仮囲いスペース(20日、宇都宮市の「宇都宮パセオ」で)
漫画が展示されている仮囲いスペース(20日、宇都宮市の「宇都宮パセオ」で)

 漫画家3人の作品は、歩きながらストーリーを楽しめる構成になっている。宇都宮市出身の仔鹿リナさんが、宇都宮市中央卸売市場で働く仲卸業者を描いた「八百森のエリー」や、日光市出身の一葵さやかさんが、栃木のご当地アイドルを描いた「まろに☆え~る」などが並ぶ。学生たちは、イラスト作品を展示した。

 宇都宮パセオの井口朋彦チーフ(32)は、「県内ゆかりの漫画家の作品を知ってもらうきっかけにしてほしい」と話していた。3月20日まで。

無断転載・複製を禁じます
1857828 0 サブカル 2021/02/21 09:54:00 2021/02/21 17:12:27 漫画作品が展示されている仮囲いスペース(20日午後1時30分、宇都宮市川向町の「宇都宮パセオ」で)=折田唯撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210220-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)