読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

少しエッチでとぼけた作風、「お笑いマンガ道場」出演の富永一朗さん死去…96歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「チンコロねえちゃん」「ポンコツおやじ」など、少しエッチでとぼけた作風で知られた漫画家の富永一朗(とみなが・いちろう)さんが5日、老衰のため死去した。96歳だった。

富永一朗さん
富永一朗さん

 大分県の小学校教員を経て、1951年に上京。吉行淳之介さんに見いだされて漫画を描き始めた。60年から週刊誌で「ポンコツおやじ」、「チンコロ姐ちゃん」の連載を始め、健康的なお色気や独特のセリフ回しで人気漫画家の仲間入りをした。

 76年から放送された長寿番組「お笑いマンガ道場」にレギュラー出演し、盟友の漫画家、鈴木義司さんとの軽妙なやりとりでも親しまれた。78年には本紙で四コマ漫画「東京パンチ」を連載した。

 86年に「一朗忍者考」で日本漫画家協会大賞。98年に勲四等旭日小綬章。岡山県高梁市の吉備川上ふれあい漫画美術館の名誉館長を務めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2070092 0 サブカル 2021/05/22 09:34:00 2021/05/22 18:59:26 第16回読売国際漫画大賞の応募者へのアドバイスを話す漫画家の富永一朗さん。読売新聞東京本社で。1994年8月24日撮影。同年9月1日朝刊「第16回読売国際漫画大賞締め切り迫る 座談会・応募者へのアドバイス」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210522-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)