読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カンヌ映画祭、細田守監督の新作アニメ上映…終了後には熱烈な拍手10分間

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【カンヌ=浅川貴道】南仏カンヌで開かれている第74回カンヌ国際映画祭で15日(日本時間16日未明)、実績ある監督の注目の新作を集めて上映する「カンヌ・プルミエール」部門で、細田守監督(53)の新作アニメ「竜とそばかすの姫」が上映された。

「竜とそばかすの姫」の上映後、拍手に応える細田守監督(浅川貴道撮影)
「竜とそばかすの姫」の上映後、拍手に応える細田守監督(浅川貴道撮影)

 主人公は、高知の山間部に暮らす女子高校生。インターネットの仮想空間で、人気を博す歌姫となっている彼女が、「竜」と呼ばれる嫌われ者と出会い、心を通わせるさまを描く。

 上映には細田監督も参加。映画館に監督が登場すると、上映前ながら、観客が立ち上がって拍手で迎えた。上映終了後にも、熱烈な拍手が約10分にわたり続いた。

 細田監督は上映後、スタッフに渡されたマイクで「本当にありがとう、最後まで見てくれて。たくさんの気持ちのこもった拍手をくれて、本当にうれしいです」と感極まった様子で話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2211372 0 サブカル 2021/07/16 10:50:00 2021/07/16 12:23:42 2021/07/16 12:23:42 「竜とそばかすの姫」の上映後に拍手に応える細田守監督 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)