「呉は海の歴史が残る」艦これイベントに1万人が集結、宿泊施設ほぼ満室に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「大和」など旧海軍の艦船を擬人化したキャラクターが戦うゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」にちなんだイベントが24日、広島県呉市内であり、多くのファンが訪れた。

曲に合わせて踊る呉氏と「艦これ」の声優ら(呉市で)
曲に合わせて踊る呉氏と「艦これ」の声優ら(呉市で)

 イベントは呉市制120周年記念事業の一環で、23、24日の2日間行われた。JR呉駅と合作したポストカードなどの限定アイテムや飲食店20店舗以上で「艦これ」を冠にした限定メニューを提供するなど盛況で、主催する「C2機関」などによると、イベントには延べ約1万人が参加した。

 24日に呉信用金庫ホールで開かれた音楽公演には、市のPRキャラクター「呉氏」も出演。呉氏は曲に合わせて声優らとダンスを踊り、ファンがリズムに合わせてペンライトを振っていた。名古屋市から訪れた男性(19)は「呉は海の歴史が残り、ファンには打ってつけの場所。市民も快く歓迎してくれた」と笑顔だった。

 呉市には全国的に知られる「大和ミュージアム」があるが、観光客の滞在時間は短く、経済効果が限定的という課題を抱える。市の調査では6割以上が日帰り客だが、今回のイベントでは宿泊施設がほぼ満室となった。市観光振興課は「今回のイベントをヒントに、市が抱える観光の課題解決を図っていきたい」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2951894 0 サブカル 2022/04/26 09:53:00 2022/04/26 11:58:20 2022/04/26 11:58:20 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220425-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)