藤子(A)さんが愛し続けた古里の味…氷見のうどん・高岡の昆布

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4月7日に亡くなった漫画家・藤子不二雄(A)さんには、愛し続けた古里の味があった。潮の香りをたたえ、素朴でどこか懐かしい。漫画家を目指して上京した後も、帰省のたびに店を訪れて店主らと交流し、自宅へのお取り寄せも続けた。記者がゆかりの店を訪ねた。(文・写真 谷侑弥)

「富山湾の宝石」シロエビがバーガーに…バンズの上で踊っているみたいです

帰省のたびに

藤子さんがよく出前を頼んだ「鍋焼きうどん」(氷見市中央町の海津屋で)
藤子さんがよく出前を頼んだ「鍋焼きうどん」(氷見市中央町の海津屋で)

 富山県氷見市にある藤子さんの生家は、650年以上の歴史を持つ 古刹こさつ ・光禅寺(丸の内)だ。その裏手に「海津屋食堂」(中央町)がたたずむ。藤子さんは帰省のたびに、この食堂を利用していた。

 よく注文したのは「鍋焼きうどん」(650円)。麺の周辺にかまぼこやネギ、レンコンといった具材があしらわれている。さっそく食べてみると、味はしょっぱすぎず、麺が柔らかい。代々引き継がれている優しい味だという。

なべ焼きうどんを運ぶ海津屋食堂の渡辺さん
なべ焼きうどんを運ぶ海津屋食堂の渡辺さん

 同店の渡辺節子さん(65)は「お客さんから『ほっとする味だ』とよく言われる。藤子さんにとっても母の味のようなものだったのでは」と推測する。藤子さんは、来店はほとんどせず、出前での注文だった。だが、雑誌などで店を何度も紹介してくれ、「応援されている」と感じてきた。渡辺さんは「直接の言葉はなかったが、エールを送り続けてくれて感謝している」と話した。

富山湾の味覚、季節ごとに

 氷見では藤子さんが手がけたキャラクターが並ぶ「まんがロード」が観光資源になっている。通りに面する鮮魚店「魚芳」(比美町)では、上京した藤子さんから注文を受けていた。

 藤子さんが求めたのは、富山湾が誇る味覚だ。秋の香箱ガニや、冬のあんこう、ヒラメの昆布締め――。昆布締めは、黄色っぽくなるぐらい昆布の味がしみこんだものが好みだったという。

 最後に注文があったのは10年ほど前だったが、 女将おかみ の徳前恵智子さん(74)は「氷見に帰ってくるときに立ち寄って『おいしかったよ』と声をかけてくれた。思わず頭を下げたくなるような人だった」と振り返った。店の前には、藤子さんが描いた色紙が飾られている。

後味すっきり「黒とろろ」

藤子さんが好きだった「特上黒とろろ」(高岡市定塚町の「塩谷昆布店」で)
藤子さんが好きだった「特上黒とろろ」(高岡市定塚町の「塩谷昆布店」で)

 氷見で少年時代を送った藤子さんは小学5年の時に高岡市へと引っ越しをした。そこでも新たな味と巡り合っている。

 御旅屋通りのアーケードを抜けて、高岡大仏に向かう途中にあるのが「塩谷昆布店」(定塚町)。店には額に入った「ハットリくん」や「喪黒福造」の色紙が飾られている。店主の塩谷敏明さん(54)は「祖父が、たまたま店の前を通りかかった藤子さんに昆布を振る舞ってご縁ができた」と教えてくれた。

店内に飾った藤子さんの色紙を紹介する塩谷さん
店内に飾った藤子さんの色紙を紹介する塩谷さん

 好んで買ったのは「特上黒とろろ」(650円)。北海道産の利尻昆布が使われている。店で扱う2種類のとろろ昆布の中では塩分が薄いほうだ。試食すると、酢の酸味と塩辛さのバランスがほどよく、後味がすっきりしている。上品で、どこか懐かしさを感じさせる。

 3月に藤子さんから注文があり、それが最後になった。塩谷さんは「確かに悲しいが、天国でまたFさんと一緒に漫画を楽しく描いているような気がする」としみじみと語っていた。

全国の旅行・観光関連記事はこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2955978 0 サブカル 2022/04/27 11:31:00 2022/04/27 11:31:00 2022/04/27 11:31:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220427-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)