アジア最大級「新潟国際アニメ映画祭」、来春開催へ…審査委員長の押井守氏「楽しい祭りに」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界の長編アニメーション作品を集めたアジア最大級の祭典「新潟国際アニメーション映画祭」が来年3月、新潟市で初めて開催される。実行委員会が23日、新潟、東京、南仏カンヌの計3か所をオンラインで結んだ記者会見で発表した。

「映画祭を開催して新潟をアニメ・漫画界のブランドにしたい」と語る堀越実行委員長(右)ら関係者(23日、新潟市中央区で)
「映画祭を開催して新潟をアニメ・漫画界のブランドにしたい」と語る堀越実行委員長(右)ら関係者(23日、新潟市中央区で)

 映画祭は来年3月17日から6日間で、25~35作品を上映する。グランプリなどを決めるコンペティション部門には未公開・新作の10~12作品を国内外から募り、11月からエントリーを受け付ける。記者会見で、審査委員長を務める映画監督の押井守さんは「アニメーション文化全体が盛り上がり、楽しい祭りになれば最高だ」と語った。

 新潟市は「ドカベン」の水島新司さんや「うる星やつら」の高橋留美子さんら著名な漫画家を輩出し、自治体としてもアニメや漫画を生かした街づくりを進めている。映画祭を通じ、新潟から世界へ日本のアニメ文化の魅力を発信していく。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3024610 0 サブカル 2022/05/23 21:13:00 2022/05/23 22:57:52 2022/05/23 22:57:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)