「シン・エヴァンゲリオン」ラストシーンの街、アニメ聖地88に選定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2022年版)」に選ばれた山口県宇部市に、主催するアニメツーリズム協会から認定プレートが贈られた。市はプレートと記念スタンプを7月8日~9月4日に山口宇部空港で展示する。

鈴木専務理事(右)から認定プレートを受け取る篠崎市長
鈴木専務理事(右)から認定プレートを受け取る篠崎市長

 宇部市は、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズを手がけてきた庵野秀明監督の出身地として知られ、最新アニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」では、市内の風景が登場する。

 市は昨年12月から今年5月、スタンプラリーやグルメ企画などを通じて市をPRするイベント「まちじゅうエヴァンゲリオン」を開催するなどしてきた。

 5月末に、同協会の鈴木則道専務理事が市役所を訪れ、認定プレートと「『アニメ聖地88』巡礼記念」などと記されたご朱印のスタンプを篠崎圭二市長に贈った。

 自身もアニメファンという篠崎市長は「世界中のアニメファンに宇部市を知ってもらうきっかけにしていきたい」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3067421 0 サブカル 2022/06/08 20:07:00 2022/06/08 20:07:00 2022/06/08 20:07:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220607-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)