読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

戦隊もライダーも アニバーサリーイヤーを実感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンラインで3度目の特歌際

特歌祭オンラインはこんな感じの配置です(写真はすべてMOJOST提供)
特歌祭オンラインはこんな感じの配置です(写真はすべてMOJOST提供)

 2021年度最初のイベントは、特撮ソングのイベント、特歌祭でした。オンラインで実施するのも、もう3回目。出演者は、ホスト役のサイキックラバーのYOFFYさんとIMAJOさん、パーカッションの内田稔さんに加え、今回のゲストのMoJoさんと石原慎一さん。今年1月に配信された石原さんの60歳記念ライブを見ていた時に、なぜだか急に石原さんとMoJoさんの二人の顔が頭に浮かんだことから「神様のお告げ!」とばかりに、お二人に出演をお願いしたのです。そうしたら、実はちょっと不思議なことがおこっていたことがわかりました。昨年暮れに石原さんのスマホにMoJoさんから着信があり、コールバックしたところ誤爆と判明。そこで久々に話をしたお二人は「来年は何か一緒にやろうよ」という話になっていたのだそうです。そんなことは全く知らない私の脳裏に浮かんだ二人の笑顔(笑)。やはり、特撮の神様はいるんじゃないか、と思っております(笑)。

語り合う石原さん、MoJoさん
語り合う石原さん、MoJoさん

 それはさておき、MoJoさんは「バトルフィーバーJ」「大戦隊ゴーグルV」など、初期のスーパー戦隊シリーズの主題歌を担当している戦隊ソング界のレジェンドです。一方の石原さんは、20世紀最後の戦隊「救急戦隊ゴーゴーファイブ」や平成ライダーシリーズの「仮面ライダーアギト」などを歌っているベテラン。さらに、サイキックラバーは21世紀戦隊には欠かせないユニットで、戦隊が45作、ライダーが50周年というアニバーサリーイヤーにふさわしい顔ぶれでのイベントとなりました。

 アニバーサリーイヤーにふさわしく、戦隊曲、ライダー曲を色々と歌っていただきました。中でも、MoJoさんに戦隊25作目である百獣戦隊ガオレンジャーの挿入歌「EYES OF JUSTICE」を歌っていただけたことと、石原さんに獣拳戦隊ゲキレンジャー挿入歌「俺流!!ゲキバイオレット」を歌っていただけたのは個人的にうれしかったです。MoJoさんは、打ち合わせに先立ち、「美潮さんは絶対に(ハイカロリーな)あれを歌えと言うに違いない」と予想していたみたいです(笑)。好きな挿入歌を生で聴く機会というのは、実はなかなかないんですよね。MoJoさんには科学戦隊ダイナマンから、こちらも私のお気に入り「エンドレスウェイ」も歌っていただき大満足。石原さんのビーファイター挿入歌、というよりはムード歌謡のような「しあわせはいつも遅れて来るから」も久しぶりに染みました。改めて歌詞を()みしめると、ムード歌謡のようでありながら、中身はバリバリのヒーローソングなんですよね。

YOFFYの歌に全員ノリノリでアクション!
YOFFYの歌に全員ノリノリでアクション!

 一方、YOFFYさんが歌った「デカレンジャーアクション」のバラードバージョンも、通常バージョンとはひと味もふた味も違い、戦隊ソングの奥深さを垣間見させてくれました。ジョーさんとYOFFYさんが二人で「あの頃は僕らもものすごく張り切って」「自分からバラードバージョンにアレンジし直して、売り込みにいったりしたね」と当時を振り返っているのを見ていると、「デカレンジャーからもうそんなに時が流れたのか」と遠い目になりますが。

 特歌では、最近、レジェンドゲストの歌をカバーする、というのを続けているのですが、そのコーナーではYOFFYさんの歌う「科学戦隊ダイナマン」とか、石原さんの歌う「バトルフィーバーJ」、あるいはYOFFYさんの歌う「MACHINE TORNADER」やMoJoさんが「まってろよ~」と歌う「救急戦隊ゴーゴーファイブ」なんていうレアなものもお届けすることができました。どれもすごく新鮮だった!

 今年が、戦隊、ライダー両方のヒーローにとってのアニバーサリーイヤーであることについて、MoJoさんは「まさかこんなに続くとは当時は思わなかった」としみじみ語っていましたが、当時から見続けている私も全く同感です。まさかこんなにシリーズが続き、そしてその歌を21世紀にオンラインライブでお届けすることになるとは、本当に想像もできなかった未来を生きているな、と実感します。ていうか、ライダーをブラウン管の中に見たのはつい昨日のことのようなのに、まさかその50周年を自分も一緒にお祝いしているなんて、ちょっと信じられません。年、とるわけですよね……。

 そんな色々なことに思いを()せながら、ラストソングはこのメンバーでお届けする「伝説」。これまでのヒーローたちの伝説を噛みしめながら、未来に向けて新たな伝説を作るために、自分も頑張らないと、なんてことを思う4月、新年度の夜でした。

無断転載・複製を禁じます
2003157 0 日本特撮党 党首の活動報告 2021/04/22 16:00:00 2021/06/04 13:58:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210421-OYT8I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)