全部ロボソン!122曲 6枚組CDボックス「合体魂」登場 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 秘密戦隊ゴレンジャーから現在放送中の機界戦隊ゼンカイジャーまで、45作のスーパー戦隊シリーズから、ロボットの歌だけを集めた6枚組のCDボックス「合体魂」が発売された。収録されているのは、実に122曲の「ロボソン」だ。

CDボックスの表紙 写真はすべて(C)テレビ朝日・東映AG・東映 (C)石森プロ・東映 (C)東映
CDボックスの表紙 写真はすべて(C)テレビ朝日・東映AG・東映 (C)石森プロ・東映 (C)東映

 戦隊の特徴のひとつに、メンバーが搭乗する巨大ロボットの存在がある。ほとんどの作品で、敵の怪人は等身大での戦いだけでは終わらない。復活して巨大化して暴れ回る。そこに立ち向かうのが合体ロボットだ。力を合わせて戦う戦隊を象徴するかのように、幾つかのマシンが合体してロボットとなって戦うロボ戦はシリーズの華であり、その場面を音楽で盛り上げるのが「ロボソン」である。

 なにしろロボソンが全部詰まっているので、1975年のゴレンジャーでのささきいさおさんの「とべ!バリブルーン」や「バリドリーンの歌」と、放送中のゼンカイジャーでのささきさんと堀江美都子さんがデュエットしている「全界合体!ジュラガオーン」を聴き比べるなんていう (ぜい)(たく) な楽しみ方もできる。同じくゼンカイジャーでは、サイキックラバーと五條真由美さんの歌う「コンビネイション!ブルマジーン」も収録されていて、ささきさんと堀江さんのベテランの歌に続けて、21世紀の戦隊シンガーであるお二人のデュエットを堪能することもできて、うれしくなってしまう。

時代とともに速くなるテンポ 重厚さはそのまま

CDボックスのブックレットの表紙 DISC1・2・3
CDボックスのブックレットの表紙 DISC1・2・3
同 DISC4・5・6
同 DISC4・5・6

 さらに、このボックスの面白さは、ロボソンが時系列に沿って並んでいることだ。時代の変化と足並みをそろえ、少しずつ歌が変化してきているのが感じ取れるのだ。日本コロムビアの同シリーズ担当ディレクター、穴井健太郎さんによると、時代が新しくなるにつれて楽曲の速度が少しだけ上がってきているそうだ。理由は、画面の中のロボットたちの戦いそのものが、CGなどの映像技術の進化に伴ってスピーディーになっているからだという。「逆に変わらないのは重厚さ。テンポが速くなっても楽曲が軽くならないように気をつけている。巨大ロボに軽さは似合わないから」と穴井さんは語る。ロボットそれぞれの個性や必殺技が短い曲の中にしっかり盛り込まれていて、聴くだけで名場面が鮮やかによみがえってくる歌詞の秀逸さも、誇るべきロボソンの個性だろう。

 ライナーノーツも今回のアルバムの大きな特徴といえる。単なる楽曲解説ではなく、東映プロデューサーら作品の作り手10人がロボソンへの思いを語っている。この人選がまた、いい。選曲担当の宮葉勝行さんや監督の竹本昇さん、脚本家の香村純子さんら、作り手であると同時にシリーズの大ファンである顔ぶれがずらりと並び、読み物としても面白いのだ。こちらは特撮に詳しく、このボックスの企画・構成を担当したライターのトヨタトモヒサさんの提案で実現したそうだ。トヨタさんの特撮と音楽への愛と知識がぎっしり詰まった企画で、さすが、とうならされた。こういう良質なライナーノーツをじっくり楽しめるのは、CDというメディアならではの楽しみである。

 正直なところ、コテコテのロボソンばかりを続けて聴いたら、おなかいっぱいになってしまうのではないかと危惧していた。しかし、 ()(ゆう) だった。それどころか、アドレナリンが出まくる感じで、むやみやたらと元気になってしまった。考えてみたら、物語のクライマックスでかかる曲ばかりが並んでいるのだから、気持ちが高揚しないはずがない。長々と続くコロナ禍でのおうち時間に、このアルバムで元気を出してみてはいかがだろうか。とにかく心の元気が出ること、間違いなしである。

プロフィル
鈴木 美潮( すずき・みしお
 読売新聞教育ネットワーク事務局専門委員。1989年入社。政治部、文化部、メディア局編集委員などを経て現職。日本テレビ「イブニングプレスdonna」(キャスター)「ラジかる!!」(コメンテーター)「PON!」(同)や、ラジオ日本「美潮シネマズ」などに出演。特撮ヒーロー(特に仮面ライダーとスーパー戦隊シリーズ)が大好きで特撮関係者を招いてのイベント「340(みしお)Presents」を2003年より主宰。著書に「昭和特撮文化概論 ヒーローたちの戦いは報われたか」(集英社文庫)。また、美空ひばりさんの大ファンで、今年は33回忌法要ツアーの司会を務めた。読響アンサンブルシリーズプレトーク司会も担当している。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2764094 0 日本特撮党 党首の活動報告 2022/02/16 17:00:00 2022/02/16 17:00:00 2022/02/16 17:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220215-OYT8I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)