国宝「普賢菩薩像」修理方針を検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

動画はこちら

紡ぐプロジェクトで修理予定の国宝「普賢菩薩像」を見ながら話し合う関係者ら(27日、東京国立博物館で)=池谷美帆撮影
紡ぐプロジェクトで修理予定の国宝「普賢菩薩像」を見ながら話し合う関係者ら(27日、東京国立博物館で)=池谷美帆撮影

 文化庁、宮内庁、読売新聞社が推進する日本の美を守り伝える「紡ぐプロジェクト」の文化財修理事業で、国宝「普賢菩薩像」(12世紀、東京国立博物館蔵)の修理方針を話し合う第1回検討会議が27日、東京・上野の同博物館で行われた。

 法華経の信仰者を守護するために姿を現す、白い象に乗った普賢菩薩が、縦158・7センチ、横74・5センチの画面に描かれている。優美な彩色や繊細な描写で、平安仏画屈指の名品とされる。

 この日は、壁に普賢菩薩像が掛けられ、日本東洋美術史が専門の増記隆介・神戸大学准教授や修理技術者らが状態を確認。下地の絹や絵の具の傷み具合などを丹念に調べた。

 今後、検討を重ねながら、約2年半かけて修理する予定。沖松健次郎・同博物館調査研究課絵画・彫刻室長は「今のイメージを崩さないように修理し、後世にきちんと伝えていきたい」と話した。

無断転載禁止
660624 0 紡ぐプロジェクト 2019/06/27 20:30:00 2019/06/27 21:29:15 紡ぐプロジェクトで修理予定の国宝「普賢菩薩像」を見ながら話し合う関係者ら(27日午前11時40分、東京国立博物館で)=池谷美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190627-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ