京都舞台に日本美の粋、一堂に…「京の国宝」展

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「紡ぐプロジェクト」の公式サイトはこちら

「京の国宝-守り伝える日本のたから-」展の報道発表会であいさつする宮田亮平文化庁長官(左)(22日午後、東京都千代田区で)=米山要撮影
「京の国宝-守り伝える日本のたから-」展の報道発表会であいさつする宮田亮平文化庁長官(左)(22日午後、東京都千代田区で)=米山要撮影
国宝 紙本著色法然上人絵伝のうち 巻第九(部分) 鎌倉時代 知恩院蔵
国宝 紙本著色法然上人絵伝のうち 巻第九(部分) 鎌倉時代 知恩院蔵

 22日に報道発表された特別展「みやこの国宝―守り伝える日本のたから―」(京都市京セラ美術館で、4月28日から6月21日まで)。古代より文化の中心地だった京都を舞台に、日本美の粋を集めた豪華な展覧会となる。

 本展は、同美術館の改修・再オープン記念展となる。王朝文化や仏教美術が花開いた平安~鎌倉時代の名品を中心に披露する。

 「日本博」と「紡ぐプロジェクト」は、国内外に日本美術の良さを発信する狙いがある。この日の報道発表会に出席した、老川祥一・読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆代理は、「五輪憲章は、スポーツと文化の融合を掲げる。この機会に、日本の文化財に対する様々な努力、関心の高さを広くお知らせしたい」と述べた。

 出品作品のほとんどが国宝だ。国宝「紙本著色しほんちゃくしょく法然上人絵伝」(京都・知恩院蔵)は、浄土宗の開祖の行状を描いた名品。平安時代の藤原道長の日記、国宝「御堂関白記みどうかんぱくき」(京都・陽明文庫蔵)は、世界最古の自筆日記で、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に登録された。鎌倉時代の仏師・湛慶たんけいが制作指揮した群像とされる国宝「木造二十八部衆立像りゅうぞう」の1体「婆藪ばす仙人」(京都・妙法院蔵)は迫真の造形だ。

 また、山城(京都)を代表する刀工が作った国宝「太刀 銘久国」(文化庁蔵)なども注目される。

無断転載禁止
1014473 0 紡ぐプロジェクト 2020/01/22 22:48:00 2020/01/23 07:49:34 「京の国宝-守り伝える日本のたから-」展の報道発表会で発言する宮田亮平文化庁長官(左)(22日午後2時5分、東京都千代田区で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200122-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ