国宝「泉涌寺勧縁疏」、京都の修理施設へ…「紡ぐプロジェクト」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「泉涌寺勧縁疏」を見ながら、修理技術者(左端)の説明を受ける関係者ら(15日、奈良市の奈良国立博物館で)=近藤誠撮影
「泉涌寺勧縁疏」を見ながら、修理技術者(左端)の説明を受ける関係者ら(15日、奈良市の奈良国立博物館で)=近藤誠撮影

 文化庁、宮内庁、読売新聞社が推進する「紡ぐプロジェクト」の2020年度の文化財修理助成事業が15日、スタートした。新たに助成対象となった文化財7件のうち、皇室ゆかりの京都・泉涌寺せんにゅうじ所有の国宝「泉涌寺勧縁疏かんえんそ」が、寄託先の奈良国立博物館(奈良市)から京都市内の修理作業施設に搬送された。

 修理助成事業は、企業の協賛金や特別展の収益の一部で進められ、初年度(19年度)は国宝「普賢ふげん菩薩ぼさつ像」(東京国立博物館蔵)など8件の修理がスタート。今年度は国宝・重要文化財計7件が選定された。

 そのうち、「泉涌寺勧縁疏」は、中国・南宋で学んだ泉涌寺の開山・俊●(しゅんじょう)が鎌倉時代に、寺院創建の寄付を募る目的で作成した文書。仏教を取り巻く状況などを伝える貴重な資料で、書の技法も高く評価されている。(●は、「くさかんむり」に「にんべん」と「乃」)

 経年の劣化によって、表面の絵の具や墨が剥げ落ちた箇所や亀裂が見られ、修理では剥落はくらくを止め、亀裂を裏側から補う作業を実施。裏打ち紙も交換する。

 この日、奈良国立博物館に寺の関係者や修理技術者らが集まり、巻物になった文書を広げて傷み具合などを確認。箱に入れて慎重に運び出し、京都国立博物館(京都市東山区)内の修理作業施設に移した。

 泉涌寺の藤田浩哉こうさい寺務長は「俊●の800年御遠忌ごおんきを6年後に控え、このタイミングでの修理は大変意義がある。美しくよみがえることを願っている」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1279445 0 紡ぐプロジェクト 2020/06/16 00:23:00 2020/06/26 09:57:01 修復作業の関係者から「泉涌寺観縁疏」の説明を聞く泉涌寺の藤田高哉事務長(左から2人目)ら(15日午前10時38分、奈良市の奈良国立博物館で)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200615-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ