上杉謙信らの「服飾類」、修理方針を話し合い…上から覆う布の色合いなど協議

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「金銀襴緞子等縫合胴服」の修理方針について話し合う関係者ら(20日午後、京都市東山区で)=長沖真未撮影
「金銀襴緞子等縫合胴服」の修理方針について話し合う関係者ら(20日午後、京都市東山区で)=長沖真未撮影

 文化庁、宮内庁、読売新聞社による「紡ぐプロジェクト」で修理が進む、戦国武将・上杉謙信らゆかりの重要文化財「服飾類」(室町時代~桃山時代)について、京都国立博物館(京都市東山区)で20日、関係者らが集まり、修理方針などを話し合った。

 服飾類は、上杉神社(山形県米沢市)の所蔵で、謙信と、米沢藩初代藩主・上杉景勝が使用したと伝わる。このうち舶来のきれなどをパッチワークのように縫い合わせた「金銀襴緞子等縫合胴服きんぎんらんどんすとうぬいあわせどうふく」など4点が修理対象となっている。

 この日は修理を担う「松鶴堂」(同区)の担当者らが参加。光沢のある黄色の表地が目を引く「黄地平絹流水梅扇面描絵胴服きじへいけんりゅうすいばいせんめんかきえどうふく」は裏地の損傷が激しく、劣化を防ぐために上から覆う布の色合いなどを協議した。

無断転載・複製を禁じます
1423376 0 紡ぐプロジェクト 2020/08/20 23:44:00 2020/08/20 23:44:00 修理の方針について話し合われる重要文化財「金銀襴緞子等縫合胴服」(20日午後0時3分、京都市東山区で)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200820-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ