工芸作家82人の作品一堂に…東京国立博物館で「工藝2020」、11月15日まで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開幕した特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」の会場で、展示作品を鑑賞する来場者たち(21日午前、東京都台東区の東京国立博物館表慶館で)=清水敏明撮影
開幕した特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」の会場で、展示作品を鑑賞する来場者たち(21日午前、東京都台東区の東京国立博物館表慶館で)=清水敏明撮影

 現代の工芸作家82人の作品を一堂に集めた特別展「工藝2020―自然と美のかたち―」が21日、東京国立博物館表慶館(東京・上野公園)で開幕した。

 会場は、作品の種類ではなく、色合いで四つのコーナーに分けられ、重要無形文化財保持者(人間国宝)の陶芸家・前田昭博さんによる「白瓷面取壺(はくじめんとりつぼ)」や、金工作家・春山文典さんの「(そら)の響」など、伝統の技や自然の美を生かした作品が並ぶ。来場者は漆工、ガラス、染織など多彩な工芸作品に見入っていた。

 政府が推進する「日本博」と、文化庁、宮内庁、読売新聞社が官民連携で取り組む「紡ぐプロジェクト」の一環。混雑緩和のため、日時指定の事前予約が必要となる。11月15日まで。詳細は展覧会公式サイト(https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/)で。

無断転載・複製を禁じます
1492025 0 紡ぐプロジェクト 2020/09/21 09:42:00 2020/09/21 22:09:24 開幕した特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」の会場で、展示作品を鑑賞する来場者たち。右手前は陶芸家・前田昭博さんの「白瓷面取壺(はくじめんとりつぼ)」(21日午前10時11分、東京都台東区の東京国立博物館表慶館で)=清水敏明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200921-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ