読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

京都ゆかりの国宝が集結、京都国立博物館で特別展開幕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

国宝「松に秋草図屏風」を鑑賞する来場者(24日、京都市東山区の京都国立博物館で)=河村道浩撮影
国宝「松に秋草図屏風」を鑑賞する来場者(24日、京都市東山区の京都国立博物館で)=河村道浩撮影

 京都ゆかりの国宝や皇室の名宝を紹介する特別展「 みやこ の国宝―守り伝える日本のたから―」(文化庁、京都国立博物館、日本芸術文化振興会、読売新聞社主催)が24日、京都市東山区の京都国立博物館で開幕した。9月12日まで。

 会期中に一部を入れ替えながら、国宝72件、重要文化財8件を含む120件を展示。来場者は、桃山時代の壮麗さを伝える長谷川等伯筆の「松に秋草図 屏風びょうぶ 」(智積院所蔵)や、16日の文化審議会で国宝になることが決まった「春日権現験記絵」(宮内庁三の丸尚蔵館所蔵)などを熱心に見ていた。愛媛県西条市の医師男性(81)は「雪舟が描いた天橋立図では、今と違った風景が描かれ、印象深かった」と話した。

 観覧料は一般1600円、大学生1200円、高校生700円。月曜休館(8月9日は開館、10日は休館)。問い合わせは京都国立博物館(075・525・2473)。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2231394 0 紡ぐプロジェクト 2021/07/24 18:57:00 2021/07/24 18:57:00 2021/07/24 18:57:00 展示された国宝「松に秋草図屏風」(24日、京都市東山区の京都国立博物館で)=河村道浩撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYT1I50145-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)