琉球国王ゆかりの宝物など280件展示…東博で「沖縄復帰50年」特別展

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄復帰50年を記念した特別展「琉球」(読売新聞社など主催)の内覧会が2日、東京・上野の東京国立博物館で開かれた。一般公開は3日から6月26日まで。

首相が京都視察「日本博2・0を速やかに進める」…移転した文化庁、来年3月に業務開始
内覧会が行われた特別展「琉球」(2日、東京・上野の東京国立博物館で)=青山謙太郎撮影
内覧会が行われた特別展「琉球」(2日、東京・上野の東京国立博物館で)=青山謙太郎撮影

 色とりどりの玉で飾られた国宝「 玉冠たまんちゃーぶい付簪つけたりかんざし )」や刀剣など琉球国王、尚家ゆかりの宝物を中心に約280件を展示し、琉球・沖縄の文化と歴史、美意識を紹介する。

 15日の沖縄復帰の日には、国の重要無形文化財に指定されている組踊を紹介する「琉球芸能の華~組踊と琉球舞踊~」を開催、金城真次・国立劇場おきなわ芸術監督による解説と公演を行う。

 本展は、文化庁、宮内庁、読売新聞社が取り組む「紡ぐプロジェクト」の一環。7月16日から九州国立博物館へ巡回する。

沖縄復帰50年、特集と最新ニュース
沖縄復帰50年
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2969316 0 紡ぐプロジェクト 2022/05/02 18:58:00 2022/05/02 18:58:00 2022/05/02 18:58:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220502-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)