来春のNHK「朝ドラ」ヒロインに浜辺美波さん、主人公・神木隆之介さんの妻役

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NHKは10日、高知県を舞台とした2023年春の連続テレビ小説「らんまん」の主人公の妻となるヒロイン役に、女優の浜辺美波さん(21)を起用すると発表した。

浜辺美波さん
浜辺美波さん

 108作目となる今作品は、「日本の植物学の父」と称された牧野富太郎(1862~1957年)をモデルとした主人公の植物学者・槙野万太郎(神木隆之介)が、幕末から昭和の激動の時代にあっても、ひたすら草花と向き合い続けた生涯を描く。浜辺さん演じる寿恵子(すえこ)は、植物研究に金をつぎ込む万太郎のため家計をやりくりし、貧しくも明るい家庭を築く役柄だ。

 浜辺さんは「敬愛する神木さんと共演でき、企画書を読む手が震えるほどうれしかった。脚本の長田育恵さんとお話をして、夫を支えるひたむきな妻という姿だけではなく、植物のように根を強く張りたくましい女性として、万太郎さんと駆け抜けていけたらと思っています」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2985832 0 テレビ 2022/05/10 11:49:00 2022/05/17 15:19:44 2022/05/17 15:19:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220510-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)