NHK受信料「支払率」、全国平均78・9%…秋田が最高の97・9%

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NHKは28日、2021年度末の受信料の「都道府県別推計世帯支払率」を発表した。全国値は前年度より0・1ポイント低い78・9%だった。都道府県別では、最高が秋田県の97・9%。最低は、公表を開始した11年度分以降11年連続で沖縄県となったが、49・5%は前年度比で0・5ポイント高かった。

NHK
NHK

 沖縄で支払率が低いのは、受信料制度の開始が1972年の本土復帰後で、他地域より理解が進んでいないことが理由とされる。沖縄県のほかに70%を割り込んでいるのが、大阪府(65・2%)と東京都(67・3%)だった。大都市圏で低調なのは、転居世帯や単身世帯が多く、受信契約の根拠となるテレビ受像器を保有しているかどうかの確認が困難なことが背景にある。

 また今回は、21年11月に公表された国勢調査などをもとに試算する受信契約対象数が見直され、NHKは世帯支払率の20年度末の全国平均を「80・3%」から「79・0%」に修正した。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3121746 0 テレビ 2022/06/28 20:49:00 2022/06/28 20:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)